オータム・イン・ニューヨークのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

オータム・イン・ニューヨークのあらすじ・作品解説

オータム・イン・ニューヨークは、2000年に公開されたアメリカ映画である。「ラストエンペラー」「ツインピークス」などで女優としても印象的なジョアン・チェン監督作品。出演者は、リチャード・ギア、ウィノナ・ライダー、アンソニー・ラパリア。 ウィル・キーンは、人気レストランのオーナーをしている色男で、50歳近い年齢ながら独身生活を謳歌している。 ある日、ウィルは、以前に見かけて気になっていた女性が、ウィルのレストランに来ているのを見て、運命を感じてしまう。その女性、シャルロットは20代のキュートな女性。 二人は惹かれ合うが、結婚はする気がないウィル。軽い付き合いにしようと思いながら、シャルロットと付き合うのだった。 しかし、シャルロットが重い病気であることが分かり、ショックを受けるウィル。自分が思う以上にシャルロットへの気持ちは真剣だった。 ニューヨークの美しい秋の景色が二人を彩るラブ・ストーリーである。

オータム・イン・ニューヨークの評価

総合評価
3.803.80
(1件)
映像
4.004.00
脚本
3.503.50
キャスト
4.304.30
音楽
4.004.00
演出
4.204.20

評価分布をもっと見る

オータム・イン・ニューヨークの感想

投稿する

オータムインニューヨーク

リチャードギアが好き昔からリチャードギアが大好き!どんな役を演じても色気がありながら、小さな思慮深い瞳のせいか知性と少しばかりの悲哀を感じさせ、大人の男性に憧れ始めた私のイチオシでした。「愛と青春の旅立ち」から始まり〜この映画でも期待を裏切りません。成功したリッチで仕事も遊びも上手な大人のニューヨーカーを色気たっぷりで演じています。ただ時折見せる、やけっぱちのような投げやりな生き方には、娘との関係に苦悩している事が深く影を落としています。その場凌ぎの快楽的生き方をして来たウィルが、若く才能に満ちた、それでも少し自分と同じ影を感じさせ守ってやらないと壊れそうなシャルロットと出会った時に彼の中で、少しずつだが大きな何かが変わり始めるのです。それでもやっぱり最初はプリティーウーマンのエリートビジネスマンと娼婦の関係性に近い上から目線の付き合い方なんだけれど、途中シャルロットに振られたり、娘と...この感想を読む

3.83.8
  • yyyyyy
  • 101view
  • 2014文字
PICKUP

オータム・イン・ニューヨークに関連するタグ

オータム・イン・ニューヨークが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ