ハチ公物語のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ハチ公物語

4.704.70
映像
4.50
脚本
4.90
キャスト
4.60
音楽
4.40
演出
4.80
感想数
5
観た人
5

ハチ公物語のあらすじ・作品解説

ハチ公物語は、仲代達也主演で1987年に松竹富士の配給で公開され、配給収入は20億円にもなった。この映画は、東大教授であった上野先生一家に飼われていた秋田犬の「ハチ」をめぐるストーリーである。毎日ハチは出勤する上野先生を渋谷駅まで送り、夕方には決まった時間に駅まで先生を迎えに行く。こうして、上野先生とハチは心から深い絆で結ばれていた。 しかし、こんな幸せも長くは続かなかった。大学での講義中、先生は突然帰らぬ人となってしまうが、ハチは今まで通り、一日も休むことなく駅で待ち続ける。上野家でもうハチを飼えなくなり、その後、居場所を転々とせざるをえなくなっても、先生の帰宅を信じて何年も渋谷駅で待ち続け、最後は駅で息を引き取る。「忠犬ハチ公」として、先生に対する尊い気持ちが多くの人に感動を与えた。 2007年リチャード・ギア主演によるリメイク版「HACHI約束の犬」がアメリカにて製作され、2009年に上映された。

ハチ公物語の評価

総合評価
4.704.70
(5件)
映像
4.504.50
脚本
4.904.90
キャスト
4.604.60
音楽
4.404.40
演出
4.804.80

評価分布をもっと見る

ハチ公物語の感想

投稿する

祖母とポチと私

動物と人間の繋がりを感じる作品私はハチ公の銅像を、実際に見た事がない。なかなか東京まで行く時間もなく、東京へ行ったとしてもハチ公を見に行こうという予定はつくれなかった。1人で東京に行く際にはハチ公の銅像に会いに行きたい。ハチ公に会うためだけに2時間電車に揺られて会いに行く価値は高い。一匹の犬がもたらした物語にここまで感動するのは私にも買っていた犬がいたからだ。雑種でごく普通の犬だ。でも私にとっては大事な家族だった。今はいないその犬の名前は、”ポチ”という。もっと洒落た名前をつけてあげたかったが、当時小学低学年の私には犬といったら”ポチ”という名前しか浮かばず勝手にポチと呼ぶ私に家族は仕方なくポチで承諾したのだ。そんなポチは私の後ろをずっとついてきた。私を母親と思ってるわけではないと思うが、頼れる人だと感じて自分の後をついてくるポチに、小学生の私は得意げな表情をみせていた。私が学校に行って...この感想を読む

4.04.0
  • りかりか
  • 22view
  • 2016文字
PICKUP

感想をもっと見る(5件)

ハチ公物語に関連するタグ

ハチ公物語が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ