史上最大の作戦のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

史上最大の作戦のあらすじ・作品解説

史上最大の作戦は、監督がイギリス関連部分をケン・アナキン、ドイツ関連部分をベルンハルト・ヴィッキ、アメリカ関連部分をアンドリューマートンが担当している。原作者のコーネリアス・ライアンのベスト・セラーを映画化している。 キャストに、ジョン・ウェイン/ロバート・ミッチャム/ヘンリー・フォンダ/ロバート・ライアン/ロド・スタイガー等を迎えている。 1944年6月4日未明セーヌ河の湾曲部にドイツ西部郡B師団司令部があった。司令官であるロンメル元師は家族のもとへ帰ろうとしていた。その頃連合軍の大陸侵入作戦も計画されていた。ロンメル元師はこの事を知っていながらも数週間先の天気も悪天候と好都合であった…。 1963年第35回アカデミー賞「撮影賞(白黒)」「特殊効果賞」を受賞し「作品賞」「編集賞」「美術賞(白黒)」にノミネートされた。1963年第20回ゴールデングローブ賞では「最優秀作品賞(ドラマ)」にノミネートされた。

史上最大の作戦の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

史上最大の作戦の感想

投稿する

史上最大の作戦に関連するタグ

史上最大の作戦が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ