椿三十郎のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

椿三十郎

5.005.00
映像
5.00
脚本
5.00
キャスト
5.00
音楽
5.00
演出
5.00
感想数
1
観た人
2

椿三十郎のあらすじ・作品解説

椿三十郎は1961年に公開された日本の時代劇映画である。 「七人の侍」「赤ひげ」「羅生門」など数々の日本映画を作り"世界のクロサワ"と言われる黒澤明が監督・脚本・編集を兼任。 黒澤映画に多数し黒澤と同じく"世界のミフネ"と言われていた三船敏郎が主人公・椿三十郎を演じる。 共演者には「ハチ公物語」の仲代達矢、「若大将」シリーズの加山雄三、小林桂樹、志村喬、団令子、田中邦衛らがいる。 また、2007年には織田裕二主演で同名映画のリメイクが作品が公開され、黒澤の脚本が一部使用。 興行収入は4億5000万円を記録している。 この作品は家老の不正を明るみにさせようとしたが失敗し、密談をしていた九人の若き侍達の話を傍で聞いていた椿三十郎と名乗る浪人が侍達の助け舟となって自らも仲間に加わるという物語である。

椿三十郎の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

椿三十郎の感想

投稿する

椿三十郎の登場キャラクター

睦田夫人

椿三十郎の名言

本当に良い刀は鞘に入っているものですよ

睦田夫人

椿三十郎に助けられた夫人が、ギラギラとして無鉄砲な椿三十郎に対して言った言葉。

椿三十郎に関連するタグ

椿三十郎を観た人はこんな映画も観ています

椿三十郎が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ