勝手にしやがれのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

勝手にしやがれのあらすじ・作品解説

勝手にしやがれは、1960年に公開されたフランス映画である。原案は、フランソワ・トリュフォー。監督・脚本は、「女は女である」「軽蔑」「気狂いピエロ」のジャン=リュック・ゴダール。音楽は、「マンハッタンの二人の男」のマルシャル・ソラル。出演者は、ジャン=ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ、ダニエル・ブーランジェ、ジャン=ピエール・メルヴィル。 ミシェル・ポワカールはマルセイユで車を盗み、追って来た白バイ警官を射殺してしまう。パリで金を受け取るはずだったが、渡されたのは小切手だった。アメリカ人のガールフレンドのパトリシアと束の間の時を過ごすが、警察の捜査がすぐそこまで迫ってきている。ミシェルはパトリシアに、小切手を現金にしたら一緒に海外に逃げようと言うのだった。 ゴダールの長編映画デビュー作であり、ヌーヴェルヴァーグの強烈な印象を世界に知らしめた作品である。 ジャン・ヴィゴ賞、ベルリン国際映画祭にて銀熊賞を受賞した。

勝手にしやがれの評価

総合評価
3.503.50
(1件)
映像
3.503.50
脚本
4.004.00
キャスト
3.503.50
音楽
3.503.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

勝手にしやがれの感想

投稿する

勝手にしやがれの登場キャラクター

ミシェル・ポワカール

勝手にしやがれの名言

海が嫌いなら、山が嫌いなら、都会が嫌いなら…、勝手にしやがれ!

ミシェル・ポワカール

冒頭のシーンで主人公のミシェルが観客に向かって唐突に喋るセリフ。主人公とこの映画の持っている破天荒さをわかりやすく表している。

勝手にしやがれに関連するタグ

勝手にしやがれが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ