おしゃれ泥棒のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

おしゃれ泥棒のあらすじ・作品解説

おしゃれ泥棒(原題:How to Steal a million)は1966年に公開されたアメリカのコメディ映画。 ジョージ・ブラットショウの同名小説を脚本家のハリー・カーニッツがコメディタッチに脚色した映画である。 「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーンが主演を勤め相手役には「アラビアのロレンス」のピーター・オトゥールが抜擢されている。 アカデミー監督賞を3度受賞し、2015年の今でも『伝説の監督』と呼ばれているウィリアム・ワイラーが監督を務めている。 この作品は贋作を作る仕事をなかなか辞めない父に悩んでいたニコルの前にある日調査で家に忍び込んでいた探偵のデルモットを捕まえたがデルモットは泥棒だと嘘をつき、父が贋作で作ったヴィーナス象が美術館にバレないためにニコルは盗難の依頼を持ちかけた。 ニコルの美しさに惚れてしまったデルモットは知恵を使って像を盗む方法を考えたがそこでアメリカの美術収集家が現れるという内容になっている。

おしゃれ泥棒の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
3.503.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

おしゃれ泥棒の感想

投稿する

おしゃれ泥棒に関連するタグ

おしゃれ泥棒が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ