乱のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

4.504.50
映像
5.00
脚本
4.50
キャスト
4.50
音楽
4.00
演出
5.00
感想数
1
観た人
1

乱の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
5.005.00
脚本
4.504.50
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

乱の感想

投稿する

「裏切り」とは

三本の矢と「裏切り」この長編作品のテーマは、一度ご覧になった方々はお分かりだと思いますが、「裏切り」であります。ご存じの通り、実際の戦国時代でも、父、子、兄、弟、一族、家臣、同盟相手の裏切りは、頻繁にあったことでありますが、「乱」という作品は、繰り広げられる乱世の「裏切り」の恐ろしさ、罪深さ、虚しさ、おぞましさ、情けなさをリアルで、醜く且つ美しく、鮮明で、そして激しく描いています。何故、人は人を裏切ることが出来るのか。どのようにして裏切るのか、一体、後ろめたさはないのか。人間とは一体何者か。「乱」では、それを深く、これでもか、これでもかと突き詰めて行きます。三人の息子元々、冷酷非道なやり方で、敵味方を騙し、戦国の世を渡りきり、領土を拡大していった一文字秀虎は、「裏切り」そのものの完成体と言えます。その「裏切り」では、罪深さ、虚しさ、おぞましさなどが表れています。この人物が、人を裏切るこ...この感想を読む

4.54.5
  • KAZKAZ
  • 6view
  • 3343文字
PICKUP

乱に関連するタグ

乱が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ