マンハッタン無宿のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

マンハッタン無宿のあらすじ・作品解説

椿姫は1936年にアメリカ・1937年に日本で公開されたアレクサンドル・デュマ・フィスによる同名小説の映画版である。 KINE NOTEでは69点、Yahoo!映画での評価は4.09点(星4つ)という結果になっている。 監督は「ロミオとジュリエット」「若草物語」のジョージ・キューカー。 脚本をゾーイ・エイキンス、フランシス・マリオン、ジェームズ・ヒルトンによる共同制作で脚本を執筆して、配給元はメトロ・ゴールドウィン・メイヤーが担当している。 主演は「肉体と悪魔」「アンナ・クリスティ」のグレタ・ガルボ。 他共演には「クォ・ヴァディス」のロバート・テイラー、「自由の塊」のライオネス・バリモア、「嵐の三色旗」のエリザベス・アランらがいる。 この作品はパリに住む病弱な女性・マグリット・ゴーリエは生活のために老いた男爵を自身のパトロンにしたのだが、ふとしたことからマグリットを想っていた青年のアルマン・デュヴァルをパトロンの男爵と勘違いしてしまう…という内容となっている。

マンハッタン無宿の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

マンハッタン無宿の感想

投稿する

クリント・イーストウッドがマカロニ・ウエスタンのヒーローからダーティハリーへ移行する、橋渡し的な作品 「マンハッタン無宿」

"ミスター、ハリウッドスター"、我らがクリント・イーストウッド、マカロニ・ウエスタンのヒーローから、映画史上のナンバーワン刑事ダーティハリーへ。その橋渡しとも言えるようなウエスタン風刑事像を、見事なまでに我々映画ファンの心に焼き付けたのが、後に刑事映画の傑作「ダーティハリー」を生むことになる、ドン・シーゲル監督とのコンビによる「マンハッタン無宿」だ。イーストウッドが扮するのは、アリゾナ州の保安官補のクーガンという男。西部のイメージそのままの荒野をジープに乗った彼が、砂煙をあげて颯爽と登場する。シャープに決まった細目のサングラスは、「ダーティハリー」第1作で強烈な印象を残したサングラスにも似て、ハリー・キャラハン刑事の原型はすでに出来上がっていたと言える。この西部のクール・ガイが、逃亡犯の引き渡しを受けるために大都会ニューヨークへ。ウエスタンハットにウエスタンブーツといういでたちは、まさしく...この感想を読む

4.04.0
  • dreamerdreamer
  • 116view
  • 1113文字
PICKUP

マンハッタン無宿に関連するタグ

マンハッタン無宿が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ