嫌われ松子の一生のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

嫌われ松子の一生

4.394.39
映像
4.68
脚本
4.32
キャスト
4.61
音楽
4.54
演出
4.50
感想数
14
観た人
23

嫌われ松子の一生のあらすじ・作品解説

映画「嫌われ松子の一生」は、山田宗樹(幻冬舎文庫)が原作であり、東宝配給、アミューズソフトエンタテインメント企画、スープレックス制作(制作協力:リクリ)の映画である。映画「下妻物語」も手掛けた、中島哲也監督が監督・脚本を務めた作品である。 ストーリーは、主人公「松子」が昭和22年、川尻家の長女として福岡県で生まれた時から、松子が壮絶な転落人生を歩むまでを、映像化したものである。 映像は、400カットを超えるCGとアニメを使用し、ディズニー映画の様なファンタジーな、世界観を繰り広げている。誰かを愛し続ける松子の、壮絶な不幸人生を、華麗な美術と音楽で表現している。 主人公の川尻松子役を中谷美紀が演じ、松子を取り巻く男性には、多くの実力派俳優・コメディアン・ミュージシャン等が、キャスティングされている。 テーマソング「LOVE IS BUBBLE」を、BONNIE PINK(ボニーピンク)が歌いあげている。BONNIE PINK自身も「綾乃」役として、映画に出演している。

嫌われ松子の一生の評価

総合評価
4.394.39
(14件)
映像
4.684.68
脚本
4.324.32
キャスト
4.614.61
音楽
4.544.54
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

嫌われ松子の一生の感想

投稿する

人生を生き抜くことに意味があるということを教えてくれた作品

松子が亡くなるまでの濃い人生を描いた作品”嫌われ松子の一生”はタイトルを見たときどんな人生なのかととても気になりました。また松子とはどのような女性なのかと、タイトルを見た段階で不思議と疑問が浮かび上がり、作品を早く見たいという気持ちにさせられました。元々小説が原作ということは作品を見た後に知りました。小説はあまり読まないので全然知りませんでしま。友人が、小説で読んだと言った時は、先をこされた、と思いました。主人公の松子を中谷美紀が演じとても話題になりましたが、その期待を裏切ることなく素晴らしい演技を見せてくれたと思います。松子が53歳で亡くなるまでの人生は非常に濃くて忘れがたいものでした。子供に教える立場である中学校の教師でしたが、その時に起きた事件後彼女の人生は少しずつ崩れ始めました。人は、ある特定の事がきっかけとなりついさっきまでしていた生活が一気に崩れてしまう時があります。崩れ始め...この感想を読む

4.54.5
  • りかりか
  • 36view
  • 2038文字
PICKUP

感想をもっと見る(14件)

嫌われ松子の一生に関連するタグ

嫌われ松子の一生が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ