犬神家の一族のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

犬神家の一族のあらすじ・作品解説

犬神家の一族は、横溝正史の長編推理小説。横溝正史の代表作である「金田一耕助シリーズ」のひとつである。「八つ墓村」と並んで映像化されることが多い作品である。また、八つ墓村と並んで、金田一耕助シリーズの代名詞とも言える作品である。 信州の財界の大物である犬神佐兵衛(いぬがみさへえ)が莫大な財産と異様とも言える内容の遺言書を遺して死亡したことに端を発し、連続殺人が起こる。その事件を解決すべく名探偵・金田一耕助が推理に乗り出す、というあらすじである。 作中に登場する人物である犬神佐清(いぬがみすけきよ)の異様なゴムマスク姿や、彼が殺害された時の、湖に逆さまに突き立てられた死体の様子などが話題を呼んだ。本作をモチーフにしたと思われるキャラクターや演出は、アニメやゲームやドラマなどで数多く存在している。 この小説の映像化作品で最もよく知られているのは、1976年に公開された市川崑監督、石坂浩二主演の映画である。

犬神家の一族の評価

総合評価
4.754.75
(6件)
映像
4.504.50
脚本
4.424.42
キャスト
4.674.67
音楽
4.674.67
演出
4.674.67

評価分布をもっと見る

犬神家の一族の感想

投稿する

感想をもっと見る(6件)

犬神家の一族に関連するタグ

犬神家の一族が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ