パルプ・フィクションのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

パルプ・フィクションのあらすじ・作品解説

パルプ・フィクションは、ビンセント・ベガ:ジョン・トラボルタ、ジュールス・ウィンフィールド:サミュエル・L・ジャクソン等を配役し、クエンティン・タランティーノ監督・脚本・原案で製作された映画である。もう一人の原作はロジャー・エイバリー、製作総指揮にはダニー・デビートが担当している。 1995年第18回日本アカデミー賞「外国作品賞」ノミネート、1995年第67回アカデミー賞「脚本賞」受賞。1995年第52回ゴールデングローブ賞「最優秀脚本賞」1994年カンヌ国際映画祭「コンペティション部門」「パルムドール」を受賞している。 舞台はロサンゼルス、コーヒーショップにパンプキン、ハニーバニーの不良カップルが突然強盗を始めてしまう。一方盗まれたトランクを取り戻すために二人組のギャングのビンセントとジュールスがいた。ビンセンとはボスの情婦と一晩デートをすることになってしまう。ギャングのボスは、マーセルスを軸とした物語が始まっていく…。

パルプ・フィクションの評価

総合評価
4.504.50
(4件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
4.674.67
音楽
4.674.67
演出
4.334.33

評価分布をもっと見る

パルプ・フィクションの感想

投稿する

まさにパルプ・フィクションな映画の傑作

何度観たかわからない作品の一つです。何か伝えたいことでもあるのかと思いきや、まったくない、本当に扇情的なだけの、なおかつ本当によくできた作品だと思います。ストーリーの中にはいろんな主人公たちの小さな人間関係が詰まっていて、それらが微妙に絡まっているだけの話なのですが、まあ、ほんとうによくできていると思います。映画を観たことの無い人にとっては、ユマ・サーマンとトラボルタの恋物語だと思っている方もいるかもしれませんが、そうではありません。けっこう淡い感じに、いろいろなことがみっしり詰まっているストーリーなんですよね。ブルース・ウィリスと若い女の子の、翌朝になったらブルーベリーパイを食べる話のシーンや、ユマがミルクシェイクをジャックラビットスリムスで飲むシーン、オーバードーズで死にかけて助かった後に別れるシーンなど、すべてが淡い恋の雰囲気なのですが、それがアメリカのはっきりいってロクでもない...この感想を読む

5.05.0
  • iwkiwk
  • 92view
  • 633文字

感想をもっと見る(4件)

パルプ・フィクションに関連するタグ

パルプ・フィクションが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ