ユージュアル・サスペクツのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

ユージュアル・サスペクツの評価

総合評価
4.004.00
(4件)
映像
3.753.75
脚本
4.634.63
キャスト
4.254.25
音楽
3.633.63
演出
4.254.25

評価分布をもっと見る

ユージュアル・サスペクツの感想

投稿する

絶対もう一度見たくなる

「どんでん返し」な映画それは見た後になんとも言えない快感を呼ぶと思う。そして見終わった後、すごく人に話したくなる。気づいたか、気づいたらどこで、なんでそう思ったのかと議論したくなる。見た人が周りにいないとめちゃめちゃ薦める。これまで「スティング」や「レザボア・ドックス」、「シックスセンス」を見てきたが「ユージュアルサスペクツ」は何故か見たことが無かった。以下、余談ですが「スティング」は明るくて爽快で、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードがとりあえずかっこいい。ポール・ニューマンの青い目とか、ロバート・レッドフォードのストライプのジャケットに帽子あわせてるのとかがどことなく可愛くて素敵です。オープニングもレトロでなんだかおしゃれ。これはなるほどな感はそんなに無いですが見終わった後もさわやかです。レモンの香り的どんでん返し「レザボア・ドックス」はストーリー関係ないですが耳を切るシー...この感想を読む

4.04.0
  • komekome
  • 206view
  • 2173文字
PICKUP

狼少年 他人の思考を読んで思考を変化させる 

ブライアン・シンガー監督これはアメリカの犯罪版、口裂け女の話。犯罪にタブーは無い、犯罪者は何でもやる、犯罪を取り締まるほうはタブーがある。ゆえに腕を後ろ手に縛られてるハンディキャップをつけて、ボクシングで同じリングに上がるようなものだ。密輸船でコカインの取引場面で何者かが襲撃、船は爆破し、残ったのはキント(ケヴィン・スペイシー)。彼から取調べを行うと言う話。事件の裏には全ての人が恐がる大物ギャング、ソゼの存在が浮かび上がる。これはお話を作ることが素晴らしく上手い病か、天才的な詐欺の話だろうと思う。嘘をつけるというのはある種の才能で、何度かしゃべると大概は尻尾がでちゃう。上手い嘘と言うのは、何度繰り返しても同じデーターが出てくるようにしなければいけない。一番良いのが相手に答えを選択させることだ、そしてニュアンスだけを少し変える。語彙が多いとこの類のゲームが有利に進む。この感想を読む

4.54.5
  • 86view
  • 388文字

感想をもっと見る(4件)

ユージュアル・サスペクツの登場キャラクター

ヴァーバル・キント

ユージュアル・サスペクツの名言

悪魔がしかけた最大のトリックは、悪魔など存在しないと皆に信じこませることだった。そして突然――フッと――悪魔は消えてしまったのさ!

ヴァーバル・キント

警察の取調べを受けている最中に、これまでに起こった犯罪の容疑者カイザー・ソゼを表現するときの台詞。

ユージュアル・サスペクツに関連するタグ

ユージュアル・サスペクツが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ