宇宙戦争のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

宇宙戦争のあらすじ・作品解説

宇宙戦争は2005年のSF映画であり、監督はスティーブン・スピルバーグで原作はH・G・ウェルズの同名小説である。興行収入は2億ドルを突破した大ヒット映画のひとつである。 1953年にも同じく同名作品を原作とする映画が公開されており、本作品は約50年ぶりのリメイク映画となっている。 ストーリーは主人公であるトム・クルーズ演じるレイが巨大な宇宙船や、「トライポッド」と呼ばれるロボット型戦闘マシーンを駆使して地球侵略を目論む宇宙人たちに必死で抵抗し、娘を守り抜くというものである。焦点は主人公に当てられているが、人類と地球外の脅威との攻防も鮮明に描かれており、人類の存続を懸けた戦いも小説通り忠実に再現されている。 ストーリーもさることながら、その宇宙人や宇宙船のデザインや、CG技術や映像美も高く評価されている。 また50年ぶりのリメイクということもあり、公開前から非常に注目を集めており、話題性も含めて高い評価を受けた映画である。

宇宙戦争の評価

総合評価
3.633.63
(8件)
映像
4.384.38
脚本
3.503.50
キャスト
4.314.31
音楽
3.753.75
演出
3.883.88

評価分布をもっと見る

宇宙戦争の感想

投稿する

感想をもっと見る(8件)

宇宙戦争に関連するタグ

宇宙戦争が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ