桃尻語訳 枕草子のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,276件

桃尻語訳 枕草子

3.003.00
文章力
2.70
ストーリー
3.00
キャラクター
3.50
設定
3.00
演出
3.00
感想数
1
読んだ人
1

桃尻語訳 枕草子の評価

総合評価
3.003.00
(1件)
文章力
2.702.70
ストーリー
3.003.00
キャラクター
3.503.50
設定
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

桃尻語訳 枕草子の感想

投稿する

今の時代に合った表現と清少納言の知性を求む。

当時も寒かった「おっさんによるバブル期の若い女性の言葉」当時(1987年)としてはとっつきにくい古典を分かりやすい口語訳にした書籍として大変注目が集まっていた。それについては画期的という意味では評価できる。分かりやすいのは事実だし、受験生としてはテストの回答欄にはもうちょっと固い言葉での口語訳を書かねばならないにしても、この書籍の砕けた解釈はかなり強い味方になったろう。しかし、やはり女性ではなく中年男性が女性になり切って(清少納言をバブル期の若きイケイケ女性に見立てて)書かれたもののせいか、どうも口調に違和感があり、「表現が寒い」と感じる。今はまた流行り言葉が変わってきているので、「ナウい」という表現ですら失笑されてしまいそうだ。まだ枕草子本文の訳は良しとするにしても、問題なのは、清少納言本人ではなく著者のなりきりによる自称清少納言の前書きと、ちょいちょい本文の話の腰を折る長々とした注釈で...この感想を読む

3.03.0
  • tamamatamama
  • 19view
  • 2297文字
PICKUP

桃尻語訳 枕草子に関連するタグ

桃尻語訳 枕草子を読んだ人はこんな小説も読んでいます

桃尻語訳 枕草子が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ