三日月少年漂流記のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

三日月少年漂流記

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
4.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
2

三日月少年漂流記の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

三日月少年漂流記の感想

投稿する

透き通るような少年たちの御伽噺

どこまでも幻想的で透明感溢れる文体本作は非常に文章が特徴的である。薬草と蜂蜜の味がするドロップ、象牙色の洋紙、海底の鉱石のような色を湛えた丸天蓋など、現実感のない、幻想的でどこか可愛らしい表現が文中に多く登場する。主な登場人物の名前も銅貨に水蓮とこれまた幻想的で、紙面に映る文章のすべてが、本作の透明感に満ちた御伽噺のような世界観を壊すことなく存在させている。よって本を開き目を通している間、ずっとこの本幻想的な世界に浸っていられる。それは物語を楽しむ上でとても重要なことだ。少年の造形美本作は、登場人物である少年たちの描写が非常に繊細かつ美しい。タイトルにもなっている三日月少年はまさしく『完成された美少年』であるといえる。薔薇色の頬と黒曜石の瞳に、髪は小麦色。唇は紅く、貴族風の服から丸い膝が覗いている。この描写だけでもう、彼が絶世の美少年であることを想起することは容易である。彼が人形だとい...この感想を読む

5.05.0
  • めるりんめるりん
  • 19view
  • 2047文字
PICKUP

三日月少年漂流記に関連するタグ

三日月少年漂流記を読んだ人はこんな小説も読んでいます

三日月少年漂流記が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ