あしたのジョー2のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,422件

あしたのジョー2

4.754.75
映像
4.50
ストーリー
4.75
キャラクター
4.75
声優
4.75
音楽
4.75
感想数
2
観た人
3

あしたのジョー2のあらすじ・作品解説

あしたのジョー2は、1980年10月から1981年8月まで日本テレビ系で放送された、高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや漫画のアニメ作品で全47話。このアニメはあしたのジョーの続編にあたり、前作となる第1期は1970年4月から1971年9月までフジテレビ系で全79話放送された。また、劇場版が1980年と1981年に公開されている。 この作品は、かつて少年院に入れられるような不良少年だったプロボクサーで主人公の矢吹丈が、永遠のライバル力石徹との死闘の末に力石がリングで死んでしまったことに苦悩し、力石の死という苦悩を乗り越え再びリングに上がり、世界チャンピオンのホセ・メンドーサとの力闘までを描いた作品である。前作の続編にあたるが、力石との対戦後からカーロス・リベラ戦まではリメイクのようになっている。また、原作のストーリーの省略や原作にはないオリジナルストーリーの追加、オリジナルキャラクターの登場などがある。

あしたのジョー2の評価

総合評価
4.754.75
(2件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.754.75
キャラクター
4.754.75
声優
4.754.75
音楽
4.754.75

評価分布をもっと見る

あしたのジョー2の感想

投稿する

原作に一つのテーマを加味し、更なる高みに持ち上げたアニメ版!

昭和の価値観で作られたヒーロー!あしたのジョーは昭和を代表するヒーロー作品である。敢えて昭和というのは、もはや完全に平成の価値観では生み出されない作品だからだ。 ご存知の通り、ジョーが真っ白な灰になって燃え尽きたところで本作は終了する。彼が死んだのかどうかはここでは語るまい。 ※原作マンガの作画を担当したちばてつや氏は彼が死んでいない、と言っている。それについては以下を参照願いたい。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC 本題に戻ろう。平成には絶対に生み出されない、というのは何故か。それは価値観の違いがあまりにも大きいためだ。 現代社会は経済至上主義に支配されており、凄い人=身体ではなく頭を使ってたくさん稼ぐ人だと言っても過言ではないだろう。もう少しソフトに言えば、スマートに仕事をして、可能な限り利益を得て、実生活も充実させている人...この感想を読む

4.54.5
  • ゆっきーmk-2ゆっきーmk-2
  • 12view
  • 5666文字
PICKUP

伝説の名作…終焉!

ストーリーの冒頭は、力石の亡霊と闘ってる姿が描かれている。そりゃ未成年の主人公がボクシングの試合の中で、とはいえ人の命を奪ってしまったのだから、その葛藤は相当なもの。しかも相手は、ジョーが唯一認めた好敵手であり、ボクシングに本気になったキッカケをくれたライバル。子ども向けアニメのはずなのに…内容は非常に重いのがジョーという作品の特徴といえるかもしれない。無冠の帝王カルロス・リベラや東洋太平洋チャンプ金 竜飛と、力石の葛藤が終わっても命の尊さや、障害の重さといった重いテーマを訴え続けているように思う。これを観て育った子どもは当時、何を感じたのでしょうか。比較対象にはならないかもしれないが、機動戦士ガンダムも戦争をテーマにした見た目ロボットもので子ども向けの作品でありながら、重いテーマを掲げているという点では類似しているように感じる。ジョーという作品は、主人公を含めた主要なライバルたちが幸せ...この感想を読む

5.05.0
  • つくもつくも
  • 16view
  • 540文字

あしたのジョー2の登場キャラクター

矢吹丈

よみがな:やぶきじょう ニックネーム:ジョー 性別:男 国籍:日本 所属:丹下ジム 性格:粗野でケンカっ早い性格だが、時折お調子者の一面ものぞかせる 得意技:クロスカウンターと、ノーガード(両手ぶらり)戦法 声優:あおい輝彦 階級:バンタム級 トレードマーク:擦り切れたベージュのコートと、赤い(オレンジっぽ...

丹下段平

よみがな:たんげだんぺい ニックネーム:拳キチ(再放送では差別用語として音声が消される場合も) 性別:男性 国籍:日本 住まい:台東区と荒川区の境にある泪橋の下に丹下段平がジムを構えていた丹下拳闘クラブ。 所属:丹下拳闘クラブ。(丈が東洋太平洋チャンピオンになった後、泪橋の近くに新たなジム)丹下ジムに...

金竜飛

よみがな:きんりゅうひ ニックネーム:「氷のチャンピオン」「精密機械」「戦うコンピューター」など 年齢(作品時):27歳 性別:男性 国籍:韓国 所属:東洋太平洋バンタム級チャンピオン。 特徴:スタイルは徹底してクールで、氷と称されるほど。試合が優勢になっても決して深追いはせず、確実に仕留めようとする...

キャラをもっと見る(5件)

あしたのジョー2の名言

ノー、ロバート。まだ終わっていない。彼を見ろ。まだファイティングポーズをとっているじゃないか。それに私はいいのを一発もらっている。このままでは終われない。

カーロス・リベラ

丈と「無冠の帝王」カーロス・リベラとのスパーリングが始まった。丈はカーロスの顔面に得意のクロスカウンターを決める。しかし、その直後、丈はゲロを吐いてしまう。カーロスにもう茶番は終わりだとスパーリングを止めにコーチのロバートが言うが、カーロスは丈の姿を見て、スパーリングを続行しようと言う。

ただもう一度リングへって気持ちだけが残ってな。

矢吹丈

力石が死んで1年、旅に出ていた矢吹丈が帰ってきた。力石徹の墓参りをして帰る途中、白木葉子とすれちがい、話すシーン。

ぶすぶすとそこらにあるみてくれだけの不完全燃焼とは訳が違う。ほんの瞬間にせよ。眩しいほどに真っ赤に燃え上がるんだ。そして、あとには真っ白な灰だけが残る。燃えかすなんか残りゃしない。真っ白な灰だけだ。

矢吹丈

ある雨上がりの日、丈は林屋の看板娘・紀ちゃんと偶然、出会い、そのまま散歩に出る。そのまま時間が過ぎ、夜になり、ディスコなどに行った帰り道、前々から丈に好意を抱いていた紀ちゃんが、丈になぜボクシングをしているのか尋ねる。

名言をもっと見る(7件)

あしたのジョー2に関連するタグ

あしたのジョー2が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ