アンネの日記のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,466件

アンネの日記

4.504.50
映像
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
声優
4.50
音楽
4.50
感想数
3
観た人
3

アンネの日記のあらすじ・作品解説

アンネの日記は1995年8月19日から東宝系の映画館で公開されたアニメーション映画である。財団法人日本ユニセフ協会による推薦作品に指定され、監督にはそれいけアンパンマンでディレクターや監督を務めた永丘昭典氏が起用された。マッドハウスが制作を担当、声優には草なぎ剛や坂上二郎、黒柳徹子など有名なタレントが務めている。 原案となった日記は、第二次世界大戦、ドイツにより迫害されたユダヤ人のとある少女、アンネ・フランクがいつ収容所へ収監されるかも分からない状況の中家族とともに暮らした隠れ家の生活を2年間綴ったものである。のちに彼女たちは発見されてしまい収容所へ送られその短い生涯を終えたが、生き残った家族の手によりこの日記は出版、大ベストセラーを記録した。今でも戦争の悲劇を世に広げるべく、多くの人々に読み継がれている作品である。 本作品ではこの日記を元に、ナチスドイツの狂気と人種差別の犠牲となった一家の暮らし用がまざまざと描かれている。

アンネの日記の評価

総合評価
4.504.50
(3件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
声優
4.504.50
音楽
4.504.50

評価分布をもっと見る

アンネの日記の感想

投稿する

歴史には人がいる。

13歳の誕生日に貰ったプレゼントの一つ、日記帳。アンネはその日記帳を友達に見立てて、記していく。家族と一緒で学校にも行けるような穏やかな暮らし、そこからの隠れ家への移動、隠れ家での閉じた生活、同居人のこと。そしてユダヤ人にだけ課せられている約束ごとも。そんな数年にわたる日記はある日、途切れてしまいます。「アンネの日記」は有名なので私も結末まで知識として知ってはいても、本作でアンネ達の表情一つ一つを追うことで、ただの史実に留まらない思い入れがその”ユダヤ人迫害”に向かいました。ちょっと調べてみるだけでも、根深くも人間臭いことだという印象を受けたりしました。確かに私が今どんな想いを抱いたところであの頃失われた命は帰らない。でも無駄じゃないはずだと思いたいです。歴史を学ぶ意味って、一つ二つじゃないものですね。登場人物のそれぞれの声がとても馴染んでいますが、特に某夫人を黒柳徹子さんが当てていて非...この感想を読む

4.54.5
  • a_sa_s
  • 39view
  • 419文字

アンネの日記に関連するタグ

アンネの日記を観た人はこんなアニメも観ています

アンネの日記が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ