灰羽連盟のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

灰羽連盟

4.754.75
映像
4.75
ストーリー
4.50
キャラクター
4.00
声優
4.00
音楽
4.50
感想数
2
観た人
5

灰羽連盟のあらすじ・作品解説

『灰羽連盟』は、安倍吉俊の同人誌『オールドホームの灰羽達』を元に構成されたテレビアニメ作品である。2002年の10月 から 12月にかけて、全13話がフジテレビで放送された。また、2015年10月1日からフジテレビオンデマンドで配信された。 この作品は、高い壁に囲まれた街『グリ』にある『オールドホーム』を舞台に、背中に小さな羽と頭上に光の輪を持つ『灰羽』となった主人公『ラッカ』の出会いと別れの物語である。 『ラッカ』の名前の由来は、『灰羽』として生まれる前に見た夢が、高い空からまっすぐに落ちていく、というものであったため。夢以外の記憶が無い状態で繭から生まれた『灰羽』達が『オールドホーム』で新しい生活を始める。 ストーリーは原作者安倍吉俊の同人誌『オールドホームの灰羽達 1巻(漫画)』、『オールドホームの灰羽達 2巻(漫画)』、『灰羽せいかつ日誌(設定集)』、『オールドホームの灰羽達 番外編(漫画)』などの内容を基礎にしているが、これらの内容はアニメ版のごく一部である。

灰羽連盟の評価

総合評価
4.754.75
(2件)
映像
4.754.75
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.004.00
声優
4.004.00
音楽
4.504.50

評価分布をもっと見る

灰羽連盟の感想

投稿する

灰羽――宗教への懐疑と他力救済への願い

「灰羽連盟」と村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」との似て非なるところ多くの視聴者が指摘し、原作の安倍吉俊も語っているように「灰羽連盟」における不思議な異世界「グリの街」は、世界的に有名な日本の小説家・村上春樹が書いた「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」における「世界の終わり」の世界観と非常に似通っているところがあります。街は四方を壁で囲まれていて外に出ることができない。古い習慣と現代的なものが入り混じっている。精神医学的な象徴的なモチーフが多く使われている。それは「外の世界」にある人々の心の反映のようで……。とはいえ、二つの作品は似て非なるものです。とりわけ灰羽において主人公となるのは「世界の終わり」と違って、思春期の少女達ということですね。作中で直接語られませんが、視聴者の共通前提として、オールドホームにやってくる翼の生えた少女達が元の世界における自...この感想を読む

5.05.0
  • グラサングラサン
  • 750view
  • 2158文字
PICKUP

二回は見返してほしい

見どころその1・美しく優しい世界他の人の感想やあらすじで見た方ならもう腐るほど見たフレーズでしょう。美しく、優しい世界。それは大きなポイントであることは確かです。ですがそれ以上に私が重要視しているのは、美しいが、美しすぎない世界だということ。そうすることで美しいことが際立ちます。ただし、主人公ラッカの声は慌てるシーンではアラがでたり、ヒカリの声なども高過ぎるのではと個人的には思います。最近のアニメではよく見かけるようになったカラフルすぎる世界というのは、確かに美しかったり、印象に残りやすかったりするのですが、見飽きることが多いです。一周目は他に気を取られず、ストーリーに集中し、二回目は美しさなどを堪能してもらえたらと思います。(1週目はラッカ目線、2週目はレキ目線でも大いに楽しめるでしょう。)そして、この優しい世界というのも同じです。優しいのですが、優し過ぎはしないのです。物騒であったり、...この感想を読む

4.54.5
  • 藤崎藤崎
  • 695view
  • 1487文字

灰羽連盟に関連するタグ

灰羽連盟を観た人はこんなアニメも観ています

灰羽連盟が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ