神様のボートの感想/考察/ネタバレ

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

神様のボート

4.134.13
文章力
4.13
ストーリー
3.75
キャラクター
4.25
設定
3.88
演出
4.13
感想数
4
読んだ人
5

神様のボートの感想一覧

江國 香織による小説「神様のボート」についての感想が4件掲載中です。実際に小説を読んだレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。なお、内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。

作品は最高、でもあとがきはちょっと・・・

ラストの解釈?そこは個々でやってください本作について語られるとき、一般読者サイトでは必ずと言っていいほどラストで葉子がどうなったのか、という点にフォーカスが置かれる。「あのひと」に会えたのか、会えなかったのか、生きているのか死んでいるのか。読んだ人間は当然考えるだろうが、クイズでもないし、結論を出すべきなら作者も書いているはずで、書かれていないという事はどうでもいいことなのだ、と私は思う。書き手側、江國香織にとってはあのシーンでこの作品は終わっているのだ。語るべきはそこではない、と私は思う。今回私が語りたいのは「あとがき」についてだ。新潮社の文庫では物語終了直後に作者のあとがきがついている。このあとがきの「狂気の物語」とか「私の書いたもののうち、いちばん危険な小説」とかの表現がまた長年の論争を呼んでいる。この解釈自体も私はどうでもいいと思っている。言いたいのは、この結末を放置するタイプ...この感想を読む

4.04.0
  • ゆっきーmk-2ゆっきーmk-2
  • 684view
  • 2264文字

神様のボートが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ