花の慶次−雲のかなたに−のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

花の慶次−雲のかなたに−

5.005.00
画力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

花の慶次−雲のかなたに−のあらすじ・作品解説

花の慶次−雲のかなたに−は週刊少年ジャンプにて1990年の13号から1993年の33号まで原哲夫によって連載されていた漫画である。それ以前に1989年の50号には読み切りが掲載されていた。題名の発案や題字は、原作である小説「一夢庵風流記」の作者、隆慶一郎の手によるものとなっている。また、登場人物の性格は1989年に公開された「利久」という映画をもとにしている。ジャンプコミックスより全18巻が刊行されているだけでなく、2001年には新潮社よりコンビニコミックス版、2011年には徳間書店からゼノンコミックスデラックス版が全12巻刊行されるなど多くの種類の単行本が発売されるなど人気が高い。 戦国時代の傾奇者として有名な前田慶次と彼を取り巻く戦国の人々の活躍を描く本作は、1994年にはスーパーファミコンからゲームが発売され、2007年にはニューギンよりパチンコ台がリリースされ全国のパチンコ店に設置された。

花の慶次−雲のかなたに−の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
画力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

花の慶次−雲のかなたに−の感想

投稿する

花の慶次−雲のかなたに−の登場キャラクター

前田慶次

よみがな:まえだけいじ 身長:六尺五寸 体重:二十四貫 性別:男性 国籍:日本 ポリシー:勝ち戦よりも負け戦こそいくさ人のあるべき場所と信じ、好んで劣勢な軍勢に味方する 特徴:天下一の傾奇者 価値観:自由を貫き通す 側面:風流な文化人の側面もある 出自:滝川一益の従弟である滝川益氏の次男で、前田利家の兄、...

前田利家

よみがな:まえだとしいえ 性別:男性 国籍:日本 所属:前田家を治める大名 性格:プライドが高い。周囲を気にする小心者。 特徴:そろばんがトレードマーク。 特技:かつては槍の又左と称されるほどの猛将。 内敵:前田慶次 自己分析:誰からも好かれたことがないと自認。 主人公との続柄:義理の叔父

真田幸村

キャラをもっと見る(4件)

花の慶次−雲のかなたに−の名言

いつまでも逃げれば生きられるというもんじゃない。突き進んだほうが生きのびられる場合もある。それをまちがいなく選べるのがいくさ人というものだ!!

前田慶次

末森城の攻防戦で敵の大軍を前に語った言葉

生に涯(はて)はあれど、名に涯(はて)はなし!!

奥村助右衛門

死地に向かう部下達に名前は永遠に残るという思いを込めて発した言葉

人は日に米は三合 畳は一畳あれば十分 そんなことより一献くれまいか?

前田慶次

豊臣秀吉に百万石(現在では約2500億円)で家来にならないかと誘われて、 切り返した言葉

名言をもっと見る(8件)

花の慶次−雲のかなたに−に関連するタグ

花の慶次−雲のかなたに−を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

花の慶次−雲のかなたに−が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ