天上天下のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

天上天下

3.503.50
画力
4.50
ストーリー
3.00
キャラクター
3.50
設定
3.00
演出
3.00
感想数
1
読んだ人
2

天上天下のあらすじ・作品解説

天上天下とは、大暮維人原作の格闘漫画であり、ウルトラジャンプにおいて1997年の11号から2010年の9号まで連載が行われていた。コミックスは、ヤング・ジャンプレーベルにおいて全22巻が発売されている。暴力シーンやセクシー描写が多いという特徴があり、累計発行部数1300万部の人気作品である。 舞台は、武道に特化した者達が通う総道学園であり、主人公の凪宗一郎は仲間達と共に、学園を支配する執行部へと戦いを挑むこととなる。主人公や登場人物達は、武道を駆使して闘うが、現実には存在しない異能の力も多く登場する。 2004年にはアニメーション化も行われており、4月から2クールに渡ってテレビ朝日系列において、24話が放送された。放送終了後の2005年には、OVAの発売も行われた。アニメーションは、暴力描写を原作より、暴力描写などが控えめになっているという特徴があり、シーンやセリフの変更やカットが行われている。

天上天下の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
画力
4.504.50
ストーリー
3.003.00
キャラクター
3.503.50
設定
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

天上天下の感想

投稿する

良作か難作か 好みが別れる『天上天下』

良くも悪くも大暮維人作品。 大暮維人の代表作『天上天下』は、大暮維人の名前を一躍世に知らしめた作品である。作者の描くキャラクターは繊細な書き込み、ダイナミックな描写、マニアックな設定で、他のキャラクター漫画とは一線を画している。特に終盤は大暮維人の画風を確立した頃であり、漫画家のなかでもトップクラスの画力を魅せつけている。イラストレーターや漫画家を目指す人には、『天上天下』はとても参考になる作品だと思う。…だが、いかんせん『天上天下』は連載が長すぎた。連載が長期にわたるなか、キャラクターの造形・設定は、時代と作者の好みに流され、一定のものではなくなった。後付けともいえる設定の数々は読者を多いに困惑させ、ついていったファンも全てを承服できるものではなかっただろう。これは同じく大暮維人作品の『エア・ギア』にも共通することだろう。当初の設定を飛び越え、マクロな世界へと展開していく話は、まさに”...この感想を読む

3.53.5
  • すらりすらり
  • 1012view
  • 2056文字
PICKUP

天上天下の登場キャラクター

高柳雅孝

よみがな:たかやなぎ まさたか 年齢(作品時):17歳(2年生) 血液型:A型 身長:172cm 体重:65Kg 性別:男 所属:柔剣部のサブリーダー 性格:情けない面が強調される場面も多いが、素直な性格と良識、優しく穏やかな性格 特徴:心意六合拳を主に様々な中国拳法を織り交ぜた我流で、心意六合は『心意六合金剛体法』と...

棗真夜

よみがな:なつめまや 生年月日:8月20日 血液型:B型 身長:170cm 体重:49kg 性別:女性 所属:統道学園3年 柔剣部 性格:柔剣部の部員を厳しく鍛えている 特徴:触覚のような髪を持つ銀髪と広島弁っぽい口調 特技:剣術・体術、あらゆる気を中和して無効化する能力「アマテラスの龍門」

五十鈴絵美

よみがな:いすず えみ 性別:女 所属:執行部副会長 特徴:縦ロールヘアー 特技:無尽蔵の投げクナイを駆使する 物語上での目的:高柳家筆頭御庭番の五十鈴家に生まれ、高校1年時に真魚の部下として慎の監視に従事していた。 トラウマ:副会長就任後は神楽坂や田上を部下に持ち、少し態度が横柄となるが、相も変わら...

キャラをもっと見る(10件)

天上天下の名言

儂は1人で戦っておるつもりじゃった しかしそれは大きな間違いだった事に気づいたのだ 知らず知らずに儂はーーーたくさんの者たちに"力"をもらい…助けてもらっておった 今度は儂が誰かの力になりたいのじゃ

棗真夜

宗一郎の為に気を溜めていると妹・亜夜に言うシーン

僕は人と人が傷つけ合うのは悪い事とは思わない 傷付け合う事はいつかその2人がぴったりとはまれるように形を整えているだけなんだと思う 差し出した手が傷付くことを恐れていたらさ 触れる事も出来ないから

高柳雅孝

凪との最終決戦を前に兄・光臣との会話にて。

天上天下に関連するタグ

天上天下を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

天上天下が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ