極め道のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

極め道

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
3.00
キャラクター
3.00
設定
3.50
演出
3.00
感想数
1
読んだ人
1

極め道の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.003.00
キャラクター
3.003.00
設定
3.503.50
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

極め道の感想

投稿する

エッセイにこそ三浦しをんの魅力はあり

直木賞作家・三浦しをんの正体は漫画好きの腐女子『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞を受賞した三浦しをんの名は、読者諸兄もよく知っていることであろう。2011年に『舟を編む』で本屋大賞を受賞したことも記憶に新しい。『風が強く吹いている』のタイトルを舞台、映画のいずれかで耳にしたことのある人もいるだろうし、『WOOD JOB!』の名で映画化された『神去なあなあ日常』を知っているという人もいるかもしれない。三浦しをんの作風にクセはなく、文体は総じて読みやすい。職業小説を描くことも多いが、それは作家三浦しをんの個性の一端を現しているに過ぎない。三浦しをんを語るうえで、一番忘れてはいけないのが「腐女子」「漫画好き」という点である。三浦しをんは男性同士の恋愛を描くBL(ボーイズラブ作品)に造詣が深く、また漫画(少女・少年問わず)をひたすらに読み続けている。旅先で荷物が増えるのも厭わず絶版となった古本を買いあさる...この感想を読む

4.04.0
  • すらりすらり
  • 232view
  • 2123文字
PICKUP

極め道に関連するタグ

極め道を読んだ人はこんな小説も読んでいます

極め道が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ