オレたちバブル入行組のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

オレたちバブル入行組

3.883.88
文章力
4.25
ストーリー
4.13
キャラクター
3.88
設定
4.50
演出
4.50
感想数
4
読んだ人
20

オレたちバブル入行組のあらすじ・作品解説

オレたちバブル入行組は、別冊文藝春秋で2003年11月号から2004年9月号まで連載されていた池井戸潤による日本の小説である。この作品を筆頭に、「オレたち花のバブル組」「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」と合わせて「オレバブシリーズ」と呼ばれ、テレビドラマ化もされている。ドラマ放送前年の年間売上がおよそ3万部だった、2010年12月発売の文庫本は、ドラマ放送後の年間売上が100万部を突破するなど、多くの注目と高い評価を得た作品でもある。 この作品は、バブル期に入行し、合併により勢力争いが続く東京中央銀行の大阪西支店融資課長として勤務している主人公の半沢直樹が、支店長である浅野の押しにより5億円もの融資をした西大阪スチールという会社の倒産の責任を、支店長から押し付けられそうになることで、事実の追求に立ち上がるという物語である。半沢が債権の回収に努め、事実追求に立ち向かう中で明かされていく、融資の裏にあった陰謀と、半沢が産業中央銀行に就職したいきさつが明かされていくストーリーである。

オレたちバブル入行組の評価

総合評価
3.883.88
(4件)
文章力
4.254.25
ストーリー
4.134.13
キャラクター
3.883.88
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

オレたちバブル入行組の感想

投稿する

感想をもっと見る(4件)

オレたちバブル入行組に関連するタグ

オレたちバブル入行組を読んだ人はこんな小説も読んでいます

オレたちバブル入行組が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ