ようこそ、わが家へのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

ようこそ、わが家へ

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

ようこそ、わが家への評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

ようこそ、わが家への感想

投稿する

池井戸潤、異色の小説。

社会派作家、池井戸潤さんの異色の小説。池井戸潤さんというと、社会派、企業小説が有名だと思います。TVドラマで大ヒットした「半沢直樹」の原作「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」や、杏さん主演でヒットした「花咲舞が黙ってない」、他にも「下町ロケット」など、企業の中で正義を貫こうと戦う人達の物語だったり、零細企業の社長が社員と力を合わせて生き残りをかけて勝負に出るといったお話が多く、今も老舗足袋屋さんが会社の存続をかけてスポーツシューズを開発する「陸王」のTVドラマが放映されている真っ最中で、このドラマもこれまでの池井戸潤さん原作の上記ドラマ同様、高い視聴率を獲得しています。(私も楽しみに見ています。)そんな池井戸潤さんが、家族・家庭内に起こった事件・問題を題材にした、いつもの作風と違う感じの小説を書かれたのが、この「ようこそ、我が家へ」です。本を買う前に後ろのあらすじを読んで、「あ...この感想を読む

4.54.5
  • Toatch21Toatch21
  • 13view
  • 2005文字
PICKUP

ようこそ、わが家へに関連するタグ

ようこそ、わが家へを読んだ人はこんな小説も読んでいます

ようこそ、わが家へが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ