ピューと吹く!ジャガーのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

ピューと吹く!ジャガー

4.204.20
画力
3.80
ストーリー
3.70
キャラクター
4.30
設定
4.30
演出
3.90
感想数
5
読んだ人
11

ピューと吹く!ジャガーのあらすじ・作品解説

ピューと吹く!ジャガーとはうすた京介のギャグ漫画作品の一つである。「週刊少年ジャンプ」で2000年から2010年にかけて連載をしコミックスは全20巻、累計発行部数は850万部を突破しているという。 ギタリストとして活躍するためにスター養成所・ガリプロダクションに入学したピヨ彦(酒留清彦)は謎の笛吹き男ジャガージュン市と出会い、ジャガーが講師をしている「笛科」に入り、奇妙な生活を送ることになる。 笛科はできた当初は生徒が少なかったが、のちに元ヒップホップ講師で忍者のハマ―、アイドル科出身の人見知りでありながらネットアイドルもこなす白川高菜、御曹司でジャガーに憧れを抱いている、しゃっく(高幡不動)が加わり笛科もにぎわうようになる。ピヨ彦の身の回りは騒がしくどうなっていくのか、とても見る価値があるといえる。ゲーム発売や実写映画、アニメ映画も上映したことがあり国民的なギャグ漫画ということができるだろう。

ピューと吹く!ジャガーの評価

総合評価
4.204.20
(5件)
画力
3.803.80
ストーリー
3.703.70
キャラクター
4.304.30
設定
4.304.30
演出
3.903.90

評価分布をもっと見る

ピューと吹く!ジャガーの感想

投稿する

マサルさんから続く傑作・ジャガーさんと愉快な仲間たち

考察無用のジャガーさん『ピューと吹く!ジャガー』をつまらないと思う人間はいるのだろうか?おそらく、ほとんどのジャンプ読者が巻末に堂々と居座ったこの漫画を、読み飛ばすことなく必ず一読していたことだろう。ジャンプを読んだことのない人も、ネットで必ず『ジャガー』の名を耳にしたことがあるはずだ。ジャンプにおけるギャグ漫画の神様。近年、目ぼしいギャグ漫画のないジャンプにおいて、『ジャガー』の作者・うすた京介の名はダウンタウン・松本人志と同義である。知らない人はいない、ギャグ漫画のカリスマ。ジャガーが常日頃畳のうえで頬杖をつきながら横になっているのと同じポーズで、ジャンプ巻末に君臨するうすた京介の姿が透けて見えるかのようだ。実際、うすた京介にはそれほどの才能がある。言語化できないジャガーさん『ジャガー』の面白さは言葉に出来ない。『あずまんが大王』で知られる作者・あずまきよひこが自身の漫画『よつばと!...この感想を読む

4.54.5
  • すらりすらり
  • 23view
  • 2113文字
PICKUP

感想をもっと見る(5件)

ピューと吹く!ジャガーの登場キャラクター

ジャガー

よみがな:じゃがー ニックネーム:通称はジャガー 性別:男性 国籍:日本 性格:傍若無人で、常に周囲を振り回している。だが天性の魅力があり、交友関係はやくざからロボット、音楽プロデューサー、悪の組織に至るまで非常に幅広い。しかし、一癖ある妙にマニアックな人々ばかりで、まともな友人はむしろ少ない方...

白川高菜

よみがな:しらかわたかな 年齢(作品時):初登場時は18歳 性別:女 所属:ふえ科 性格:極度のあがり症 特徴:人に話掛けられると恥ずかしさをごまかすため、相手を罵ったり殴りつけたりする。しかし時にはなぜか相手を喜ばせている 趣味:インターネット 特技:バス釣り 名前の由来:阿蘇山を水源に、熊本を流れる白...

ジャガージュン市

よみがな:じゃがーじゅんいち ニックネーム:ジャガー 性別:男 性格:傍若無人 特徴:常に逆立った赤毛と瞑った目が特徴。いつも笛の穴の形に開いた服と、マフラーを着用している 特技:笛 トラウマ:幼少期のトラウマから歯医者が大の苦手 職業:ふえ科講師 出身:ホテルリバーサイド研究所(通称「そふとくり〜む」)...

キャラをもっと見る(7件)

ピューと吹く!ジャガーの名言

一瞬一瞬を精一杯生きる…それが何よりも大切な事なんじゃないかな

ジャガー

日々の日常を大切にしていこうと、ぴよひこと語り合ってる時のセリフ

今回たまたま運の無い人生だっただけさ

ジャガー

落ち込むピヨ彦を励ます際にジャガーが言った言葉

イヤだよキモイ!お前洗ってないイヌの匂いがするんだよ!

白川高菜

告白(を断られる時)の練習をするハマーに付き合ったとき、思いっきり言い放った一言。

名言をもっと見る(6件)

ピューと吹く!ジャガーに関連するタグ

ピューと吹く!ジャガーを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

ピューと吹く!ジャガーが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ