黒子のバスケのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,111件

黒子のバスケ

4.504.50
画力
4.00
ストーリー
4.50
キャラクター
4.71
設定
4.43
演出
4.21
感想数
8
読んだ人
17

黒子のバスケのあらすじ・作品解説

「黒子のバスケ」は藤巻忠俊による漫画作品。「週刊少年ジャンプ」(集英社)に2009年から連載された。2012年のTVアニメ化を機に人気がブレイク、単行本(全30巻)の売上も急上昇した。同年「このマンガがすごい!」男性部門第6位入賞、オリコン「年間本ランキング・コミック部門」にて「ONE PIECE」に次ぐ第二位という記録を打ち立てることになった。 またメディアミックスとしてVOMIC(ヴォミック=集英社のデジタル・コンテンツ)やノベライズ版といった展開がなされている。 物語はバスケットボールの超強豪校・帝光(ていこう)中学校のバスケ部を舞台とする。その無敗時代には多くの逸材~10年に一度の天才が5人も同時に在籍し、彼らは「キセキの世代」と呼ばれた。しかし彼らからも一目置かれる「幻の6人目」がいた‥‥というスポーツ漫画。ただしいかにもジャンプ漫画らしく、登場人物たちのプレイはほぼ「特殊能力」のような様相となる。

黒子のバスケの評価

総合評価
4.504.50
(8件)
画力
4.004.00
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.714.71
設定
4.434.43
演出
4.214.21

評価分布をもっと見る

黒子のバスケの感想

投稿する

キセキの世代についてと疑問点

キセキの世代の最強プレイヤーキセキの世代5人でいったい誰が最強なのか、誰もが考えたことがあること。それを検証していきたいと思う。条件としては1on1と試合と二つの条件を組み合わせたもので順位をつけていく。なお黒子はあくまで影であり、実力的にはふつうのバスケ選手にすら劣っているため選外とする。最強はやはり赤司だろう。テンペラーアイは無敵であり、破られたのは火神と黒子のタッグのみであり、さらに強制的にゾーンにも入れるため1on1ではまず敵う相手はいないだろう。味方をゾーンに引き入れるパスもあるため試合でもチームの力を最大限以上引き出せるため、試合でも最も強いプレイヤーであるだろう。次点は青峰とした。赤司のテンペラーアイを1on1で唯一敗れるとしたら強制ゾーンとあのスピードを持つ青峰だけだと思う。試合中でも青峰を止めることはほぼほぼ不可能である。火神が反応できなかったように、赤司以外のキセキでもゾーンに入...この感想を読む

4.04.0
  • フクロウフクロウ
  • 101view
  • 2274文字
PICKUP

感想をもっと見る(8件)

黒子のバスケの登場キャラクター

黒子テツヤ

よみがな:くろこてつや 生年月日:1月31日 年齢(作品時):高校1年生 体重:57kg 所属:誠凛高校 背番号:11 身長:168㎝ 性別:男 性格:基本的に礼儀正しく、冷静沈着で言いたいことは率直に言う 特技:視線誘導 出身中学:帝光中学

赤司征十郎

よみがな:あかしせいじゅうろう 生年月日:12月20日 年齢(作品時):高校1年生 血液型:AB型 身長:173㎝ 体重:64㎏ 性別:男 所属:洛山高校 特徴:オッドアイ 特技:天帝の眼 ポジション:ポイントガード

黄瀬涼太

よみがな:きせりょうた 生年月日:6月18日 年齢(作品時):高校1年生 身長:189㎝ 体重:77kg 特徴:金髪、左耳のピアス、美男子 性別:男 性格:社交的。気に入らないアイテムは横柄で見下すような態度をとる 口癖:~ッス ポジション:スモールフォワード 背番号:7

キャラをもっと見る(12件)

黒子のバスケの名言

・・・そんなに長く待てません 「また今度」じゃダメなんです 次じゃない・・・ 今勝つんだ!!

黒子テツヤ

黒子がプレーする誠凛高校はバスケットボール・ウィンターカップの初戦、夏のインターハイで敗れた桐皇学園と対決する。しかし、桐皇学園との力の差は大きく、あっという間に大差をつけられてしまう。桐皇学園のキャプテン・今吉は創部2年で全国大会出場を果たした誠凛を評価し、「来年また挑戦しいや」とたたえるが、ウィンターカップを最後にキャプテンの木吉がケガのためプレーできなくなることを知っていた黒子は「今勝つんだ!!」の決意とともに、最後の切り札を発動する

嫌なんだよ、もう負けるのは・・・!! 嫌なんだよ、こんなとこで終わっちまうのは・・・!! 嫌なんだよ、もう泣いてる仲間を見るのは・・・!!

火神大我

火神がプレーする誠凛高校はバスケットボール・ウィンターカップの初戦、夏のインターハイで敗れた桐皇学園と対決する。しかも火神が対決した桐皇学園のエース・青峰は高校トップクラスのプレーヤー。100%の力を発揮して圧倒的なプレーができる状態「ゾーン」にまで到達し、手が付けられない強さを発揮する。しかし、その中仲間の声援や必死なプレーを受けた火神は「仲間のためにたたかう意思」を再確認し、青峰と同じ「ゾーン」に到達する

ボクは影だ

黒子テツヤ

黒子がプレーする誠凛高校はバスケットボール・ウィンターカップの決勝戦、無敵の王者・洛山高校と対戦する。序盤から大差をつけられるものの、一丸となったプレーで怒涛の追い上げを見せ、残り数秒、このシュートを決めれば逆転優勝という場面で黒子にパスが渡る。しかし、その前に洛山のキャプテン・赤司が立ちはだかりシュートを阻止しようとする。だが、黒子の狙いはシュートではなく、味方のエース・火神へのパスだった。「ボクは影だ」―。最後までアシストに徹することに専念した黒子のパスを受けた火神がアリウープを決め、誠凛は大逆転で全国優勝を決める。 高さと速さが重要視され、身体能力が選手の優劣を決めることが多いとされるバスケットボールにおいて、小柄で身体能力も低い黒子が逆にその影の薄さを生かし、必死の努力を重ねて「影に徹する」アシスト主体のプレーで活躍する姿を描いたこの作品。通常であれば最後に主人公がかっこよくゴールを決めて華々しく終わるというのがスポーツ漫画の王道であるのに対して、「影に徹する」というコンセプトを貫いて、最後にまさかのパスを出すというところに全巻にわたる伏線が回収されたようで背筋が震える

名言をもっと見る(20件)

黒子のバスケに関連するタグ

黒子のバスケを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

黒子のバスケが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ