武士沢レシーブのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

武士沢レシーブ

4.004.00
画力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
2

武士沢レシーブのあらすじ・作品解説

武士沢レシーブは1999年週刊少年ジャンプ18号から40号まで連載されていた、 「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」等で知られる、うすた京介作の漫画である。コミックスは全2巻が発行された。 ヒーローにを目指す少年、武士沢光沢(こうたく)が、ヒーロー部の部員と共に学園の不良グループ「鬼嶋組」や、更には異形の怪人たちと戦うヒーローバトル漫画の要素も含んだギャグ漫画である。 20話で打ち切りとなってしまったため、伏線の回収やストーリー展開が間に合わず、ダイジェストや年表を駆使してストーリーを完結させると言う、異例の展開となっている。この展開について作者自身は「実力以上の奇跡」と語っている。 基本的には前作「マサルさん」を踏襲したシュールなギャグ漫画であるが、後半はシリアスなストーリー展開もあり、うすた作品の中でも異質な作品である。また、多人数との戦闘シーンも多く、作者の画力の高さがうかがえる作品でもある。

武士沢レシーブの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
画力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

武士沢レシーブの感想

投稿する

武士沢レシーブに関連するタグ

武士沢レシーブが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ