きみの町でのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

きみの町で

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
2

きみの町での評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

きみの町での感想

投稿する

子供向けの哲学の本

カラーの挿絵も入ってて、164ページという小さな本です。子供向けの哲学の本だという事で、漢字にふり仮名も降ってあります。前後7編の短編は、「こども哲学」というシリーズの付録、真ん中の「あの町で」は、東日本大震災を題材とした春夏秋冬の短編4つです。正直に言うと、道徳の本みたいだな、と思いました。学校の先生が喜んで読ませたがるような本です。ちょっと変わった子供だった私には、理解するのが難しい話もあったけれど、大多数の子供の共感は得られるかもしれないと思った。大人の目で読むのと、子供の目で読むのでは、きっと感想が違うと思います「。現代の子供は、どう感じて読むのか知りたいと思いました。「あの町で 夏」の話が、一番せつなくて、辛い話でした。震災で、失われた子供たちの未来。かなえられる事のない約束、どんなに辛くても、生き残った子供は、生きていかねばならない事。思わず、涙がこぼれました。この感想を読む

4.04.0
  • ぱきらぱきら
  • 221view
  • 392文字

きみの町でに関連するタグ

きみの町でを読んだ人はこんな小説も読んでいます

きみの町でが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ