プリズムのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,300件

プリズム

4.254.25
文章力
4.25
ストーリー
3.50
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
3.75
感想数
2
読んだ人
6

プリズムのあらすじ・作品解説

プリズムは百田尚樹の小説。資産家で家庭教師として働く主人公の女性が、その家に住む不思議な青年と出会い恋に落ちていく様子を描く。 主婦の梅田聡子は家庭教師派遣会社に登録し、東京の世田谷区にある古い洋館で働くこととなる。そこは資産家である岩田家の住居で、聡子が教えるのは小学4年生の修一だった。訪問初日、トイレから修一の部屋に戻ろうとした聡子は玄関ホールを見つめる青年に出会う。会釈する聡子だったが、青年はまるで聡子が存在しないかのようにそのままホールを見つめるのだった。やがてこの青年とは家の中で何度か遭遇するようになり、青年は岩田氏の弟の広志だということを聡子は知る。広志は聡子に会うたびに全く異なる態度を取り、乱暴な言動で物を投げつける時もあれば紳士な時もあり、自分が画家だと名乗ったりもする。やがて広志が奇妙な振舞いをする謎が明らかになるのだが、岩田家で同じを時間を過ごすうちに聡子は少しずつ広志に惹かれてく。

プリズムの評価

総合評価
4.254.25
(2件)
文章力
4.254.25
ストーリー
3.503.50
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
3.753.75

評価分布をもっと見る

プリズムの感想

投稿する

プリズムに関連するタグ

プリズムが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ