猫とあほんだらのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

猫とあほんだら

5.005.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
5.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

猫とあほんだらのあらすじ・作品解説

猫とあほんだら は、町田康の作品で、講談社から2011年5月12日に販売された小説である。 今作品は、猫好きで知られる町田康の視点で、猫との生活することをテーマにして描いており、一度でも猫を飼ったことがあれば、クスっとしたり、思わず苦笑いをしてしまうエピソードが収録されている。また文章と写真で構成されている。 原作者が引越をしようとしたことから始まる。猫10匹と住める家を探しており、新しい物件を見に行くことになった。物件の玄関近くにある庇の下に2匹の子猫が震えているのを見つける。この日は雨が降っていたため雨に濡れていたのである。 寒さで震えている猫二匹を拾い、猫の存在を隠しホテルに泊まったりして面倒を見てやることになる。 条件に近い物件を見つけても始まりに過ぎず、警戒心の強い猫たちが引っ越ししやすいように作戦を立てたり、引越し先で猫たちが生活しやすいようにと改造を施すのだが、猫たちは見向きもしない。 そんな猫たちに原作者が頭を抱えたり、不思議に思ったりする顛末を書いている。

猫とあほんだらの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
5.005.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

猫とあほんだらの感想

投稿する

猫とあほんだらに関連するタグ

猫とあほんだらを読んだ人はこんな小説も読んでいます

猫とあほんだらが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ