きれぎれのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

きれぎれ

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
2.50
キャラクター
2.50
設定
2.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

きれぎれの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
2.502.50
キャラクター
2.502.50
設定
2.002.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

きれぎれの感想

投稿する

きれぎれな世界を、演じつつ信じる軽やかさ。浄化される重さ。

辛さとわからなさいきなり自分の話から始めると、私はアホである。行き当たりばったりのその場しのぎで何とか生きてきたと思う。しかし幸運にも、今のところあまり経済的には貧窮していない。一応友人関係や家族にも恵まれている。かなり不真面目なふざけた生き方をして年を重ねてきた人間がそうして生きていられるものだから、人からはそんなに苦しむ必要がないように見られることが多い。それでも人間、誰でも生きていると真面目にならなければやっていけない場面は必ずあって、アホもアホなりに真面目に生きれば、その分「辛いなぁ」と思うこともある。自分程度の人間が「辛いなぁ」と思うのだから、清廉で真面目な大半の人々はこれよりもっともっと「辛いなぁ辛いなぁ」と思いながら日々を過ごしているはずだろうと想像する。真面目に生きれば、辛いことは避けられないのだから。しかし自分含め、辛い人々の群れはみな決して「辛いなぁ」と思いながら生...この感想を読む

4.04.0
  • ジェームス&パティジェームス&パティ
  • 45view
  • 3300文字
PICKUP

きれぎれに関連するタグ

きれぎれを読んだ人はこんな小説も読んでいます

きれぎれが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ