ガリバー旅行記のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,318件

ガリバー旅行記

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

ガリバー旅行記のあらすじ・作品解説

ガリバー旅行記はアイルランド出身の風刺作家、ジョナサン・スウィフトによって執筆された風刺小説である。源版の内容が読者の怒りをかう恐れのある内容だったため、出版社が大きな改正を加え、1726年に初版が出版された。4部作に分かれた作品である。物語は海で遭難したガリバーが小人の国である「リリパッド国」に漂着するところから始まる。浜に打ち上げられたボートでリリパッド王国を脱出したガリバーだが、その後も巨人の王国、ブロディンナグ国や、空飛ぶ島、ラピュータなどを訪れ日本も訪れている。日本の記述では東端のザモスキに到着し、日本の皇帝に江戸を案内される、といった内容になっておりここでは踏絵の場面なども書かれている。 また、本作品は小説のみならず映画やアニメ化もされており、1939年にはフライシャー・スタジオおよびパラマウント映画にてアニメーション化され、2010年にはロブ・レターマン監督、ジャッ・クブラック主演により映画化されている。

ガリバー旅行記の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

ガリバー旅行記の感想

投稿する

ガリバー旅行記に関連するタグ

ガリバー旅行記を読んだ人はこんな小説も読んでいます

ガリバー旅行記が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ