夢売るふたりのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

夢売るふたり

4.134.13
映像
4.13
脚本
4.25
キャスト
4.38
音楽
3.63
演出
4.38
感想数
4
観た人
5

夢売るふたりの評価

総合評価
4.134.13
(4件)
映像
4.134.13
脚本
4.254.25
キャスト
4.384.38
音楽
3.633.63
演出
4.384.38

評価分布をもっと見る

夢売るふたりの感想

投稿する

松たか子さんの、悪い表情が素敵!

「夢売るふたり」を視聴した感想です。見終わった後には、何とも言えない後味の悪さがあり、とても印象に残りました。(後味が悪いと言っても、映画の出来が悪かったという意味では、もちろんありません。)ラストシーンでの、松たか子さんの、「見てんじゃねえよ」と言わんばかりの、投げつけるような視線が特に印象的でした。貫也が収監されてしまった後、玲子の部屋の郵便受けに、札束が無造作に入れられていました。もちろん、里子が返済したのでしょうが、当然夫婦の状態も、里子の人間性さえ、お金を貰う前には戻りません。貫也がいなくなった後、騙されたそれぞれの人々は、皆再スタートを切ることに成功しています。自分の足で立って、人生の舵を切る喜びのようなものが溢れています。しかし、ただ一人里子だけは、暗い目をしています。里子もまた魚市場で一人で働いていますが、決して幸せそうではありません。犯罪に手を染め、夫を失い、生活基盤を...この感想を読む

4.04.0
  • naonao
  • 505view
  • 2044文字
PICKUP

感想をもっと見る(4件)

夢売るふたりに関連するタグ

夢売るふたりを観た人はこんな映画も観ています

夢売るふたりが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ