キル・ビルのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

キル・ビルのあらすじ・作品解説

キル・ビルは、ハリウッドでも鬼才の呼び声高いクインティ・タランティーノ監督により2003年に制作されたハリウッド映画である。この映画のあらすじは、ユマ・サーマン扮する殺し屋ザ・ブライドが妊娠を契機に殺し屋から足を洗おうとした所、結婚式のリハーサル中に、組織のボスのビルとその配下の殺し屋から襲撃を受け、瀕死の重症を負わされた後に彼らに復讐を行う物語である。この映画は監督であるクインティ・タランティーノが日本の昭和映画のファンであることから、その舞台の多くが日本であるだけでなく、劇中の随所に昭和の日本映画作品のオマージュを垣間見ることが出来る点が見どころである。 また日本でもアクションスターとして有名な千葉真一も、話の鍵を握る重要な人物である服部半蔵役として出演し、剣術指導も行っている。その他にも女子高生殺し屋役として、栗原千明が体当たりのアクションを演じるなど、アクション映画ファンならずとも日本人であれば必見の映画作品となっている。

キル・ビルの評価

総合評価
4.504.50
(4件)
映像
4.384.38
脚本
4.634.63
キャスト
4.754.75
音楽
4.504.50
演出
4.384.38

評価分布をもっと見る

キル・ビルの感想

投稿する

ごちゃまぜとユーモアの傑作 金字塔

ゴッドファーザークラスのシーンの積み重ねが秀逸賛否両論分かれる映画だとは思うのですが、あえて比較させてもらうなら、ゴッドファーザーやウディアレンの傑作映画のように、シーンのそれぞれがすばらしい映画です。(急に展開する)雪の中の女同士の決闘、ベッドシーン、ヤクザの会議のシーン、屋敷の中の戦闘シーン、アニメティックなシーン、映像に分割のシーンなど、遊び心のあるシーンが印象的に織り込まれ、それぞれにおいて、立ち振る舞い、(美しい)血の表現、(美しい)グロさの表現、(美しい)エロさの表現が、ブラックユーモアのようにちりばめられていてます。これだけ見せられると「すごい」とか「あざやか」とか「お見事」とか言いたくなってしまう。わくわくして、しかも笑ってしまいます。音楽と映像の美しさが傑作の所以ストーリーはいたってシンプル。女性の復讐劇です。決して美人とは言えない主人公ですが、超絶の剣の腕を持って戦...この感想を読む

4.54.5
  • マンチョビマンチョビ
  • 51view
  • 1060文字
PICKUP

感想をもっと見る(4件)

キル・ビルに関連するタグ

キル・ビルが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ