アイアンマンのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アイアンマンのあらすじ・作品解説

アイアンマンは2008年にパラマウント映画より配給されたマーベルコミックスの映画である。主演はロバート・ダウニーjr、監督はジョン・ファブロー。主人公のトニースタークは巨大軍需企業「スタークインダストリー」の社長である。自らが発明したミサイルの演習中にテロ組織に襲撃され洞窟へ拉致される。襲撃の際にミサイルの破片が胸に入り込み、傷ついた心臓を守る為、自らの胸に電磁石を装着し破片を防いでいる。自分の発明を自国の防衛ではなく攻撃の為にテロ組織に悪用されている事に葛藤し、ミサイルの部品から電磁石より強力なエネルギーを生み出すプラズマ反応炉「アーク・リアクター」と、脱出用のパワードスーツ「マーク1」を作り上げ脱出を図る。脱出後、武器の製造の一切を行わないと誓うが武器の密輸が発覚する。そこには陰で会社を操る重役とテロ組織によるスタークインダストリー乗っ取りの陰謀が蠢いていた。トニーは脱出用のパワードスーツを強化改良しテロ組織と戦う決意を固める。 2010年、2013年と続編が公開されている。

アイアンマンの評価

総合評価
4.134.13
(4件)
映像
4.384.38
脚本
3.883.88
キャスト
4.384.38
音楽
4.134.13
演出
4.134.13

評価分布をもっと見る

アイアンマンの感想

投稿する

感想をもっと見る(4件)

アイアンマンの登場キャラクター

アンソニー・"トニー"・スターク

よみがな:アンソニー・エドワード・(トニー)スターク ニックネーム:トニー 生年月日:1970年5月29日 年齢(作品時):43歳 星座:双子座 性別:男性 所属:アベンジャーズ 性格:博愛主義者 特徴:未来派芸術家 物語上での目的:自分の創り出した武器を破壊する

アイアンマンの名言

時には、歩くより、まず走れだ。

アンソニー・"トニー"・スターク

アイアンマンスーツの実験を行う際、実験や調整などせず、使用をしようとした際、ジャービスより止められたが、その言葉に対し、放ったセリフ。 誰よりも発明をし、失敗もしてきた彼だからこその言葉です。

記録は破るためにある。

アンソニー・"トニー"・スターク

アイアンマンスーツMark2を装着し、初めて飛行する時に、最高高度に挑戦する際に自信満々に放った一言。 自分に自信が持てないと言えないですよね。

平和とは相手より大きな棍棒を持つことで得られる

アンソニー・"トニー"・スターク

スタークが一人のタレントに質問されているときに父の哲学を話したシーン

名言をもっと見る(4件)

アイアンマンに関連するタグ

アイアンマンが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ