かもめ食堂のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

かもめ食堂

4.004.00
映像
4.00
脚本
3.50
キャスト
4.10
音楽
3.60
演出
3.90
感想数
5
観た人
7

かもめ食堂のあらすじ・作品解説

フィンランドの小さな日本食堂で繰り広げられる人間模様をシュールに描いた、作家でエッセイストの群ようこの同名小説を原作とした、2006年に公開された日本映画。監督/脚本は「めがね」「トイレット」の荻上直子。フードスタイリストは「ごちそうさん」「深夜食堂」の飯島奈美、エンディングテーマは井上陽水の「クレイジーラブ」。 夏のフィンランド、ヘルシンキの街角に開店した小さな日本食堂の店主サチエは、おにぎりをメインにしたメニューを考えたが、全く客が入らない。けれど、毎日楽しげに店内を整え、食器を磨く彼女に興味を持った、オタク青年トンミが来店し常連となる。また、日本人女性ミドリやマサコもそれぞれの事情から食堂で働くことになり、少しづつ客も増えていくが…。 主演のサチエを「紙の月」の小林聡美、ミドリを「晴れたらポップなボクの生活」の片桐はいり、マサコを「それでもボクはやってない」のもたいまさこ、トンミをヤルッコ・ニエミ、コーピー好きの中年紳士マッティをマルック・ペルトラが演じている。

かもめ食堂の評価

総合評価
4.004.00
(5件)
映像
4.004.00
脚本
3.503.50
キャスト
4.104.10
音楽
3.603.60
演出
3.903.90

評価分布をもっと見る

かもめ食堂の感想

投稿する

ヘルシンキを舞台に展開される、ゆる~い物語

とにかくゆるい不思議な映画『かもめ食堂』は、群ようこ原作の小説を映画にした作品だ。小林聡美、片桐はいり、もたいまさこという個性派女優を主役に迎え、フィンランドはヘルシンキに居を構える「かもめ食堂」の日常を描く。映画『かもめ食堂』にストーリーというストーリーはない。大きな物語の変動も、恋もサスペンスもない。三人の女性(おそらく全員未婚だ)が、異国の地でたまたま出会い、居心地の良い場所・ヘルシンキの「かもめ食堂」で日々を過ごしていくというだけの話。かもめ食堂は、最初は客こそ少なかったものの、徐々に人が増えだし、やがて満席になったところで物語は終わる…というなんともいえないエンディングを迎える。いかにも女性作家が書いた文学作品らしいストーリーで、そういったノリが好きではない人には向かない作品であろう。筆者も女性的な文学作品はさほど嫌いではないが、たとえば客が増えだす流れや、日本食があっさりと...この感想を読む

3.53.5
  • すらりすらり
  • 58view
  • 2234文字
PICKUP

感想をもっと見る(5件)

かもめ食堂の登場キャラクター

マッティおじさん

かもめ食堂の名言

コーヒーは誰かに淹れてもらったほうがおいしいんだよ。

マッティおじさん

おいしいコーヒーのためのおまじないを教えてあげると言うマッティ。彼がコーヒー豆に指を淹れながら「コピルアック」と呪文を唱えると本当においしいコーヒーになったことに驚くサチエにマッティが言った一言。なんでも誰かのために作る、誰かと一緒にすごすことが幸せの象徴と教えられる気がしました。

かもめ食堂に関連するタグ

かもめ食堂を観た人はこんな映画も観ています

かもめ食堂が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ