トイレットのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

トイレット

4.504.50
映像
4.17
脚本
4.67
キャスト
4.83
音楽
3.67
演出
4.17
感想数
3
観た人
2

トイレットの評価

総合評価
4.504.50
(3件)
映像
4.174.17
脚本
4.674.67
キャスト
4.834.83
音楽
3.673.67
演出
4.174.17

評価分布をもっと見る

トイレットの感想

投稿する

荻上監督オリジナル脚本の映画

荻上 直子作品の中で一番青くない荻上 直子監督作品は、「めがね」や「かもめ食堂」や「プール」や…色々ありますが中でも異色なのが、本作「トイレット」ではないでしょうか。まず、気づきます、「あ、もたいさんしか出てない」と。荻上作品にいる、いつものメンバーがいない。小林聡美や加瀬亮やすっきりほっそりした若い女性も片桐はいりもいません。もたいまさこと外国人の出てくる映画です。それで、外国人は、普通のそこらへんにいるような若者外国人です。もたいさんの出す底知れない雰囲気と混ざり合うような、意味深な部分やミステリアスさは全く持ち合わせていない外国の若者。このコントラストが、これまでとは違うぞ、と予感させてくれます。いつもは雰囲気のある役者が、皆そろって雰囲気を出すから、映画全体がとってもムーディーな感じですよね。そこが好きな方が多い。セリフもあんまりないままに語ってくるのが荻上作品の常だったのに。そ...この感想を読む

4.54.5
  • なかがわみきなかがわみき
  • 14view
  • 2235文字
PICKUP

沢山の無駄は実は必要な無駄だったのだ

舞台はアメリカ、母子家庭、日本人の母親が3人の子供たちを育て上げて死んでしまった、そこに日本からばーちゃんがやってきた。ばーちゃんは日本語しかしゃべらない。2人の青年と1人の妹だが、これら皆日本語ができない。これも面白かったです、単純にこういうことも有るんだろうなと妙に現実味のある話で、上のにーちゃんはお頭が良いのだけど、とんでもなくオタクで人形を集めて一人で楽しんでるようなお人。下のにーちゃんは母を思い出してミシンを踏みたいとばーちゃんに強請ります。ここの家庭の皆は人に振り向きもされない事に夢中になるんですが、ばーちゃんが彼らの後押しをします。ばーちゃんはしゃべらないのですが、非常に饒舌なのです。ばーちゃんを囲んでばらばらの兄弟たちは再度兄弟として生まれ変わります。不思議な映像で理解されないと認識したところから、理解が始まります。無駄な事をしてるような時間が実際は無駄ではないのだと、何も...この感想を読む

4.54.5
  • 35view
  • 498文字

トイレットに関連するタグ

トイレットが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ