殺人の追憶のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

殺人の追憶

5.005.00
映像
4.50
脚本
5.00
キャスト
5.00
音楽
4.50
演出
5.00
感想数
1
観た人
3

殺人の追憶のあらすじ・作品解説

実在の未解決事件”華城連続殺人事件”をベースにした戯曲を映画化した、2003年公開の韓国のサスペンス映画。監督・脚本は「グエムル~漢江の怪物」「スノー・ピアサー」のポン・ジュノ。近代化途上のソウルの農村地帯を舞台に、叩き上げの田舎刑事と都会派刑事が互いを認め合うまでの人間ドラマとしても見ごたえのある作品である。 1986年、ソウルの農村地帯で女性の変死体が発見されたことに始まった連続殺人事件の捜査にあたったのは、地元のベテランパク刑事と相棒で短気なチョ刑事、そして都会から赴任してきた若手ソ刑事であった。昔ながらの勘と自白に頼る田舎刑事であるパク刑事は、先進的で頭脳的な推理で解決しようとするソ刑事のやり方を真っ向から否定するが…。 田舎刑事パクを「シュリ」「JSA」のソン・ガンホ、若手刑事ソを「光州5・18」「悪魔は誰だ」のキム・サンギョン、チョ刑事を「ほえる犬は噛まない」のキム・レハ、容疑者パクを「グエムル~漢江の怪物」「極楽島殺人事件」のパク・ヘイルが演じている。

殺人の追憶の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
4.504.50
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
4.504.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

殺人の追憶の感想

投稿する

自分の分析力を試される映画

勘ちがいしやすい刑事としての資質この映画にでてくる刑事二人は、一見対照的に見える。自分には人が見抜けるのだと豪語し、根拠の薄い証言だけで相手を、自白の強要や証拠の捏造で、犯人としてでっちあげる、ジャイアンみたいに地元警察にのさばるパク刑事。犯人の行動パターンを分析するなど、理論的に犯人像を割りだし、そういう根拠に基づいて捜査する、派遣されてきたユテン刑事。横暴でごり押しのパク刑事と冷静で慎重に動くユテン刑事は、でこぼこコンビに思えるが、映画の後半のほうで、立場が逆転する。ユテン刑事が追いつめられてのこととはいえ、本当ははじめから、二人の刑事としての資質、というか優劣は、逆だったのかもしれない。ユテン刑事のほうが、刑事としてはまっとうで優秀に見えるものの、証拠がなにもないという点では、パク刑事と変わらないし、下手したらパク刑事より、思いこみや執念によって、目が曇っていた可能性がある。雨の...この感想を読む

5.05.0
  • オコネオコネ
  • 314view
  • 2375文字
PICKUP

殺人の追憶に関連するタグ

殺人の追憶が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ