エデンの東のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

エデンの東のあらすじ・作品解説

エデンの東は1955年に公開されたアメリカの青春映画で、24歳の若さで亡くなったジェームズ・ディーンの初主演作としても知られている有名な作品である。 原作はジョン・スタインベックが1952年に発表した同名長編小説。 監督は「波止場」のエリア・カザン、製作会社及び配給元はワーナー・ブラザーズ。 原作の後半部分のみをポール・オズボーンが脚本を執筆している。 共演者には舞台女優のジュリー・ハリス(「たたり」「動く標的」)、レイモンド・マッセイ、ジョー・ヴァン・フリート、リチャード・ダヴァロスらがいる。 この作品は第一次大戦前後のカリフォルニアの小さな都市・サリナスで、"父親から愛されていないのではないか?"と感じていたキャル(ケイレブ)という青年が必ず比較されてしまう双子の兄との距離・死んだときかされていた母の存在など様々な葛藤を乗り越えていこうとする内容となっている。

エデンの東の評価

総合評価
4.504.50
(3件)
映像
4.334.33
脚本
4.504.50
キャスト
4.674.67
音楽
4.504.50
演出
4.174.17

評価分布をもっと見る

エデンの東の感想

投稿する

孤独な魂との出会い

キャルは私の分身今から40年ほど前になってしまいますが、当時ジェームス・ディーンは「理由なき反抗」のイメージでツッパリ中学生のアイドルでした。真面目な中学生だった私は、そんなイメージからジェームス・ディーンに興味がありませんでした。ジェームス・ディーンと初めて出会ったのは、当時佳作座で上演されていた「エデンの東」を観たときでした。高校生のとき友人と2人で行ったのですが、余りの感動に上演後も席を立つことができず、友人には先に帰ってもらい、もう一度次の上演回も観ました。当時の佳作座は上演回ごとの入れ替え制ではなく、そんなことができました。それほどに、感動したのは、「私の気持ちを知っている人がいた!」との思いです。ジェームス・ディーン演じるキャルは、厳格な父が自分を受け入れてくれないことに、孤独感・寂しさといらだちを感じていました。それは、厳格な両親と甘え上手な妹という家族の中で、居場所がないと...この感想を読む

5.05.0
  • はなはな
  • 46view
  • 1448文字
PICKUP

ジェームスディーンの繊細で悲しい目

アメリカ、カルフォルニア州サリナス。農場を営む父アダムと息子キャルの心の葛藤を描いた物語。1955年のアメリカ映画キャル役のジェームスディーンのあの目はなんだろうか…。「父親に愛されていないのでは」と悩むキャルの心を語っている。とても繊細で悲しみに満ちている目をしているのだ。キャルは父親のことを想っている。しかし不器用さゆえ、逆に父親の怒りを買ってばかり。愛情を受け取れず、愛情を知らないキャル。その姿に胸が引き裂かれる思いがする。最後のシーン、アダムは脳卒中で倒れてしまうのだが、そこでのアダム、キャル、エイブラ(キャルの兄の恋人)3人のセリフは心に残る。エイブラがアダムとキャルの関係をこのままで終わらせてはいけない、ととった行動も勇気がいるものであり、素晴らしい。人と人との関係は別れた後でも、一方の人、もう一方の人どちらにとっても重要なのだと、教えてくれる。しかしながら一番の見どころは、...この感想を読む

5.05.0
  • ayaaya
  • 18view
  • 515文字

エデンの東の登場キャラクター

アブラ

よみがな:あぶら

ケイレブ・トラスク

アダム・トラスク

エデンの東の名言

この世でいちばん寂しい事は愛されない事です

アブラ

ラストシーンでのあまりに有名な名台詞です

おれは自分が何者か知りたいんだ

ケイレブ・トラスク

死んだと聞かされていた母親は本当は生きていた。母親のことを父親に尋ねるキャルは「おれは自分が何者か知りたいんだ」と、もっと聞き出そうとする。

持って生まれた性格だとあきらめてた。でもそうじゃない、自分次第だ。

ケイレブ・トラスク

瀕死の状態のキャルの父親に、キャルが話しかける

名言をもっと見る(7件)

エデンの東に関連するタグ

エデンの東が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ