壬生義士伝のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

壬生義士伝

4.504.50
映像
4.20
脚本
4.70
キャスト
4.70
音楽
4.20
演出
4.30
感想数
5
観た人
5

壬生義士伝のあらすじ・作品解説

壬生義士伝は2003年に公開された映画作品である。この映画の原作は直木賞作家であり、数多くの時代小説を世に送り出したことでも知られる、浅田次郎氏にとっては初の同名時代小説が原作となっている。 この映画作品のあらすじは、激動の幕末の時代が過ぎ去り、時は明治の時代。とある老人が孫を連れて町医者に行くところからシーンが展開される。その町医者の待合室には、かつてその老人が新選組隊士として斎藤一と呼ばれていた頃に、同じ新選組の仲間として戦った吉村貫一郎の写真があり、その写真から老人が昔を回想するところから物語は始まっていく。 この映画作品は、当初の企画の段階で監督としてメガホンを取る予定だった、盛岡市出身の相米慎二氏が2001年に急逝したために、2003年に滝田洋二郎により映画化された。この映画作品は、2003年に日本アカデミー賞の最優秀作品賞を受賞した他にも、主人公を演じた中井貴一氏が最優秀主演男優賞、助演を務めた佐藤浩市氏が最優秀助演男優賞を受賞するなど、この年大注目の作品である。

壬生義士伝の評価

総合評価
4.504.50
(5件)
映像
4.204.20
脚本
4.704.70
キャスト
4.704.70
音楽
4.204.20
演出
4.304.30

評価分布をもっと見る

壬生義士伝の感想

投稿する

ぎっしり詰め込まれた内容の考察

上映時間137分昨今の映画作品として、本編が長いものといえるのではないでしょうか。本編部分だけで2時間を超えているのです。小説が原作で、映画化された作品です。原作の小説は、上・中・下という形の3部構成です。長編の物語に分類できる作品だと考えられます。そして、それを映像化するにあたり、2時間17分という長さが必要だったのだとも考えられます。そして、原作のエピソードをできるだけ映像化したい、という制作スタッフの意図を感じ取れる部分です。制作スタッフの原作・コンテンツに対して、強い愛情や思い入れが感じられる事実なのではないでしょうか。時間を優先するのであれば、映像化する場面をカットして絞り込むこともできたと考えられます。しかし、それをせず、これだけの本編時間で制作したことは凄いことなのではないでしょうか。また、映画化される前に、ドラマ化され、地上波で放送もされています。ドラマ作品においては、...この感想を読む

5.05.0
  • つくもつくも
  • 189view
  • 3099文字
PICKUP

感想をもっと見る(5件)

壬生義士伝に関連するタグ

壬生義士伝が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ