YAWARA!のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 2,986件

YAWARA!

5.005.00
画力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
4.75
設定
4.75
演出
4.75
感想数
2
読んだ人
6

YAWARA!のあらすじ・作品解説

「YAWARA!」は浦沢直樹による漫画作品。「ビッグコミックスピリッツ」誌(小学館)に1993年まで連載された。単行本は29巻まで発刊されている。 TVアニメ版は読売テレビ・日本テレビ系で1989年から放映された。また度々映画化もされ1992年のアニメ版(ときたひろこ監督、読売テレビ)と1989年の実写版(浅香唯主演、東宝)がある。 主人公:猪熊柔(いのくまやわら)は天才柔道家である祖父ゆずりの柔道センスを持ちながら、一方では殺伐とした勝負の世界よりも「ごく普通の」女の子としての生活に憧れていた。そんな中での出会いやふれ合いを経て、揺らぎながらもやはり柔道が好きなのだという自分の素直な心に気付く柔。そんな彼女の姿を中心に描いたスポーツコメディ作品。 本作のヒットは柔道ブームを巻き起こした。また柔道の強い女子へのニックネーム「やわらちゃん」も定着、五輪選手の谷(田村)亮子氏の愛称のもとにもなった。

YAWARA!の評価

総合評価
5.005.00
(2件)
画力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
4.754.75
設定
4.754.75
演出
4.754.75

評価分布をもっと見る

YAWARA!の感想

投稿する

「国民栄誉賞」ものの作品

無敵の女の子の苦悩このマンガはひったくり犯を普通の女の子が投げ飛ばすところから始まる。それを偶然カメラに収めた新聞記者の松田耕作がその彼女のことを只者ではないと調べ始める熱心さと、投げ飛ばした猪熊柔の強すぎる故の退屈感やまったく熱くないところが対照的な始まり方だった。天才柔道家の祖父と父を持ち幼少のころから英才教育を受けてきたとはいえ、その強さは私のような素人が見ても気持ちのよい強さで、強くて可愛いなんてなんてうらやましいと思ったりした。その強さゆえに家族の確執を自分のせいのように感じ苦しむところはわからないでもないのだけれど、本人以外は絶対違う!と言い切れる類のものでその辺りはあまり感情移入しにくかった。それよりも、強すぎてダンスパーティでチークを踊ろうと強引に誘われただけで体が自然に反応してしまって投げ飛ばしてしまったり、柔道をやめたい、普通の女の子になりたいと苦悩するほうが現実味...この感想を読む

5.05.0
  • miyayokomiyayoko
  • 14view
  • 3287文字
PICKUP

YAWARA!の登場キャラクター

伊東富士子

よみがな:いとうふじこ ニックネーム:ふじこさん 年齢(作品時):18歳(初登場時) 身長:175センチ 体重:61キロ 性別:女性 国籍:日本 所属:西海大学 性格:小心者 特技:大内刈り

猪熊慈吾朗

よみがな:いのくまじごろう ニックネーム:猪熊先生 性別:男性 国籍:日本 住まい:猪熊家 所属:元日本代表 性格:頑固者 特徴:世界中の柔道家にとっては尊敬の対象 特技:一本を取る柔道 物語上での目的:柔を日本一の柔道家に育てる

本阿弥さやか

よみがな:ほんあみさやか ニックネーム:さやか様 年齢(作品時):16歳(初登場時) 体重:48キロ 国籍:日本 所属:聖神女学館大学 性格:高飛車 特徴:高慢かつ派手好きで目立ちたがり屋 特技:内股 物語上での目的:主人公のライバル

YAWARA!の名言

バレエで鍛えた体は、柔らかいけどヤワじゃないわ!

伊東富士子

柔道を始めてわずか1ヵ月で柔道日本一の筑紫大学女子柔道部の次鋒、中堅を撃破したときのセリフ。

YAWARA!に関連するタグ

YAWARA!を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

YAWARA!が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ