ミスター・グッドバーを探してのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ミスター・グッドバーを探して

4.004.00
映像
4.00
脚本
4.00
キャスト
4.00
音楽
4.50
演出
4.00
感想数
1
観た人
1

ミスター・グッドバーを探しての評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ミスター・グッドバーを探しての感想

投稿する

都会の荒涼と現代人の孤独とひとりの女の哀れを、深い絶望の寂寥の魂の叫びで鮮烈に描く 「ミスター・グッドバーを探して」

このリチャード・ブルックス監督の「ミスター・グッドバーを探して」は、凄い映画だ。残酷な映画だ。我とわが身を噛むような、やりきれない映画でもある。都会の荒涼と、ひとりの女の哀れとを描いて、身を切るような痛みの広がる、凄絶な人間ドラマだと思う。一言で言えば、この映画は若い女性の性の遍歴の物語。だが、そのほかの凡百の映画のように、甘ったれてはいない。アメリカでベストセラーになり、日本でも翻訳出版された、ジュディス・ロスナーの原作の同名小説の映画化作品ですが、彼女はこの小説を書くにあたり、新聞の三面記事、それも見落としそうな小さな記事にヒントを得て、作家的な想像力を膨らませて書き上げたと言われています。その記事の大要は、「X日、ニューヨークで23歳になる聾唖学校の女教師XXが、バーで知り合った男を自宅のアパートに連れ帰ったところ、彼に惨殺された」というものでした。荒廃した大都会では、ほとんど日常の出...この感想を読む

4.04.0
  • 驟雨驟雨
  • 13view
  • 2853文字
PICKUP

ミスター・グッドバーを探してに関連するタグ

ミスター・グッドバーを探してを観た人はこんな映画も観ています

ミスター・グッドバーを探してが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ