風の谷のナウシカのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

風の谷のナウシカ

4.804.80
映像
4.83
脚本
4.80
キャスト
4.78
音楽
4.88
演出
5.00
感想数
20
観た人
31

風の谷のナウシカのあらすじ・作品解説

風の谷のナウシカは宮崎駿によって描かれた漫画作品であり、1984年には宮崎駿自身により映画化されている。キャッチコピーは「少女の愛が奇跡を生んだ」 この作品は「火の七日間」により世界に人間に害を及ぼす瘴気を発生させる腐海が広がった世界に生きるナウシカが主人公の物語である。 腐海を恐れていない彼女が住んでいる風の谷にある日事件が起こる。風の谷に輸送艦が墜落したのである。その輸送艦には血管の塊のようなものが積まれていた。それは「火の七日間」で世界を焼き尽くしたという兵器そのものであったそれを知った輸送先の国であるトルメキアは風の谷に軍を送り込みナウシカを人質として連れ去ってしまった。その船をアスベルが襲撃アスベルは腐海の底へと落ちてしまうが危機一髪でナウシカに救出される。腐海に落ちたナウシカは腐海の真実を知り、涙を流した。 ナウシカは世界を焼き尽くした巨人兵を利用しようとしているトルメキア国を止めるため風の谷へ急いだ。 そこで彼女は真実を知り、その愛で奇跡を起こすという作品である。

風の谷のナウシカの評価

総合評価
4.804.80
(20件)
映像
4.834.83
脚本
4.804.80
キャスト
4.784.78
音楽
4.884.88
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

風の谷のナウシカの感想

投稿する

大人の文化から失われていた自然崇拝という原初的なモチーフを再生させ、予想される地球大荒廃の未来についての恐るべきファンタジーを繰り広げる 「風の谷のナウシカ」

この宮崎駿監督の傑作SFアニメーション「風の谷のナウシカ」は、日本のアニメーション映画の歴史の上で、ひとつのエポック・メーキング的な意味合いを持つ、優れた作品だと思います。それまでも日本では、手塚治虫などの虫プロによる優れたアニメーションが、少なからず作られてきたと思います。なかには天才的な作品もありましたが、ただそれらはほとんど短篇で、劇場で広く観られる機会はめったになく、知る人ぞ知るという範囲にとどまっていたと思います。また、大ヒットした長編も、もちろんそれまでにありましたが、しかし、かなりよくできていても、概ね子供向けという枠内にとどまっていて、大人の関心を集めるまでには到らなかったと思うのです。その点「風の谷のナウシカ」は、子供向けのエンターテインメントの作品として劇場で十分に商売になった作品であり、かつ、大人の関心も集め、大人の鑑賞に耐え得る、芸術的にも高く評価された作品になっ...この感想を読む

5.05.0
  • 驟雨驟雨
  • 12view
  • 2961文字
PICKUP

感想をもっと見る(20件)

風の谷のナウシカの登場キャラクター

ナウシカ

よみがな:なうしか ニックネーム:姫姉さま 年齢(作品時):16歳 性別:女性 住まい:風の谷 所属:風の谷の族長ジルの末娘 性格:自身が守ろうとするもののためには、ときに自身の命を賭けたり、人質となることも厭わなかったりと、自己犠牲精神も強い。ただ、その優しさゆえに、落ち込むと悲観に囚われやすくなる...

ユパ・ミラルダ

よみがな:ゆぱ・みらるだ ニックネーム:ユパ様 年齢(作品時):45歳 性別:男 住まい:放浪 性格:温厚 ポリシー:争いを好まない 特徴:髭が長い 特技:剣術 物語上での目的:腐海の謎を解く為旅を続けている ペット:カイ、クイ

アスベル

よみがな:アスベル 年齢(作品時):16歳 国籍:ペジテ市 住まい:ペジテを滅ぼされガンシップに乗る 所属:ガンシップの乗組員 性格:頑固・正義感が強い 特徴:操船術や機械整備に長けている 物語上での目的:ナウシカと共に行動し、重要なシーンで活躍する。 ナウシカとの関係:ナウシカの手助けをする。密かに思い...

キャラをもっと見る(10件)

風の谷のナウシカの名言

また村が一つ死んだ

ナウシカ

主人公ナウシカがアニメ冒頭最初の一言です。ナウシカには特別な力があり気というものを感じ発した一言です。

ホラ こわくない

ナウシカ

野生のキツネリスのテトがナウシカと初めて会って、ナウシカの指にかみついたシーンでのセリフ。ナウシカは痛みを我慢してキツネリスのテトに語り掛けます。

さあみんな出発しましょう、どんなに苦しくとも

ナウシカ

ナウシカの最後のセリフです。

名言をもっと見る(20件)

風の谷のナウシカに関連するタグ

風の谷のナウシカを観た人はこんな映画も観ています

風の谷のナウシカが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ