マトリックス リローデッドのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,578件

マトリックス リローデッドのあらすじ・作品解説

マトリックスリローデッドは、2003年に公開されたアメリカ映画であり、1999年に公開されたマトリックスの続編である。主演をキアヌ・リーブスが務め、興行収入は北米だけでも2億8100万ドル、全世界では7億3500万ドルを記録した人気の高い作品である。 2作目となる本作品では救世主として覚醒した主人公、ネオがコンピューターの支配から人々を解放するための戦いを続ける中で、人類最後の都市・ザイオンを守るためにマトリックスの「ソース」への道を探す物語であり、彼はそのためのカギとなる人物、キー・メーカーを探すこととなる。キー・メーカーを巡るメロビンジアン一味との争いやパワーアップしたスミスとの戦いの末、ソースにたどり着いたネオに告げられる真実と課せられた使命を知る物語である。 本作はマトリックスシリーズ完結編となるマトリックスレボリューションズとは同時に撮影され、2作目が公開されてから半年後に完結編も公開された。

マトリックス リローデッドの評価

総合評価
4.644.64
(7件)
映像
4.864.86
脚本
4.644.64
キャスト
4.714.71
音楽
4.644.64
演出
4.794.79

評価分布をもっと見る

マトリックス リローデッドの感想

投稿する

反撃の狼煙?

3部構成からなるSF超大作のシリーズ2作目。前回、自分の生きてきた世界がコンピュータの作り出した仮想世界だと知った主人公ネオは、反マトリックス勢力のメンバーによって現実の世界へと救い出される。しかし、コンピュータによって支配された現実世界は、人が住むには過酷すぎる環境であった。仮想世界に違和感を覚えたものの前に現れて、現実を知りたければと薬を渡していく組織ですが、こんな現状では、そりゃあ裏切り者が出てもしょうがないと思います。前作で裏切ったサイファーの気持ちは、個人的にはとても共感できますよね。プログラムだろうと幸せを享受できるのなら、仮想世界でも私は満足かもしれません。まあ、知らない事が一番幸せなんでしょうかね。本作では、ストーリーも核心へと迫っていくこととなるのですが、1作目以上に内容が難解なものに感じました。しっかし、よく考えられた世界観ですよねえ。この感想を読む

4.54.5
  • ピッチャーピッチャー
  • 39view
  • 383文字

感想をもっと見る(7件)

マトリックス リローデッドに関連するタグ

マトリックス リローデッドが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ