卒業のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

卒業のあらすじ・作品解説

「卒業」は、1967年に公開されたアメリカ映画で、日本では1968年に公開されている。 英語のタイトルは"The Graduate"で、ダスティン・ホフマン演じる大学生が、故郷に帰って、幼馴染のエレーンとその母のミセス・ロビンソンとの間の三角関係に悩み、成長する青春模様を描いている。エレーン役はキャサリン・ロス、ミセス・ロビンソン役はアン・バンクロフトが演じており、ダスティン・ホフマンはこの作品でゴールデン・グローブ賞新人賞を受賞している。 音楽は、サイモンとガーファンクルのポール・サイモンが担当したが、締切までに作曲が間に合わず、テンポラリーに使われていた「サウンド・オブ・サイレンス」と「スカボロー・フェアー」がスタッフに気に入られ、そのまま映画に使われるようになったという経緯がある。 この作品は、2000年から2002年にかけて、ブロードウェイの舞台でも上演され、キャスリーン・ターナーがミセス・ロビンソン役を熱演している。

卒業の評価

総合評価
3.503.50
(2件)
映像
3.003.00
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
3.253.25

評価分布をもっと見る

卒業の感想

投稿する

卒業に関連するタグ

卒業が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ