時計じかけのオレンジのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

時計じかけのオレンジのあらすじ・作品解説

映画「時計じかけのオレンジ」は、1971年公開のアメリカ映画である。日本では1973年に、公開された映画であり、イギリスの小説家であるアンソニー・バージェスが、1962年に発表した小説が原作である。 鬼才スタンリー・キューブリックが、監督・脚本・製作を手掛け、音楽をウェンディ・カーロスが提供している。ベートーベン等のクラシック音楽を、電子音楽で再現している。撮影をジョン・オルコット、プロダクション・デザインをジョン・バリーが手掛けている。 ストーリーは、主人公である不良グループのリーダー「アレックス」が、ある殺人事件により仲間から裏切られ、投獄されてしまう。その攻撃性から立つ為に、実験台にされてしまうという、近未来的SF映画である。小説の暴力的な内容を、芸術的かつポップな映像と音楽で再現してる。 主人公アレックスをマルコム・マクダウェル、不良仲間のディムをウォーレン・クラーク、ジョージーをジェームズ・マーカスが務めている。

時計じかけのオレンジの評価

総合評価
4.504.50
(5件)
映像
4.504.50
脚本
4.004.00
キャスト
4.174.17
音楽
4.174.17
演出
4.334.33

評価分布をもっと見る

時計じかけのオレンジの感想

投稿する

感想をもっと見る(5件)

時計じかけのオレンジに関連するタグ

時計じかけのオレンジが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ