イルカの日のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,679件

イルカの日のあらすじ・作品解説

イルカの日は、1974年に公開されたアメリカ映画である。監督は、「バージニア・ウルフなんかこわくない」「卒業」「ワーキング・ガール」のマイク・ニコルズ。出演者は、ジョージ・C・スコット、トリッシュ・ヴァン・ディヴァー 、ポール・ソルヴィノ。 海洋動物学者であるジェイクは、フロリダにイルカの研究所を持ち、妻マギー達と共に研究に励んでいた。 ジェイクとマギー達は、ファーと名付けたオスのイルカに英語を教えていて、頭が良いファーは簡単な単語を話せるようになる。ジェイクのことを「パー」、マギーのことは「マー」と呼んで自分の親のように懐いてくるファーは、二人にとっても子供のような存在である。メスのイルカのビーも仲間に加わることになり、ファーとビーは研究所で仲良く幸せに暮らしていた。 しかし、2頭が言葉を理解して話せることを知った者が、ファーとビーを暗殺の道具にしようと企むのだった。 ジョルジュ・ドルリューの音楽と、ファーとビーの可愛らしい声が哀愁を誘う作品である。

イルカの日の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

イルカの日の感想

投稿する

人間同士の心の通じ合いや理解と愛情の問題を考えさせ、人間に対する厳しい問いかけを感じる 「イルカの日」

「イルカの日」という映画は、当初SF映画として紹介されていましたが、観終えた感じでは、そんな風なものではありませんでした。"サイエンス"という枠づけが無意味であるように思われたのです。この映画は、フランスの作家ロベール・メルルのベストセラー小説を、「キャッチ22」の才人バック・ヘンリーが脚色し、「バージニア・ウルフなんかこわくない」の名匠マイク・ニコルズが監督しています。そして、このバック・ヘンリーとマイク・ニコルズ監督は、かの名作「卒業」以来のコンビです。タイトル・バックは、イルカの能力を見せる場面が重ねられます。その最後は、円と三角と四角の図形をそれぞれ見せて、水上に置かれた円や三角や四角を持ってこさせる実験だ。そして、見学者らしい男の注文で、すでに水上にはない図形を見せると、取りに行ったイルカは、何も持たずに戻って来て、さらにその図形を見せられると、否定的なそぶりを見せるのです。イルカ...この感想を読む

3.53.5
  • 驟雨驟雨
  • 29view
  • 1650文字
PICKUP

イルカの日に関連するタグ

イルカの日を観た人はこんな映画も観ています

イルカの日が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ