荒野のストレンジャーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

荒野のストレンジャーのあらすじ・作品解説

荒野のストレンジャー(原題:High Plains Drifter)は1973年にアメリカで公開されたクリント・イーストウッドによる監督第2弾及び主演作品である。 ロバート・デイリーが製作総指揮を担当、脚本は「フレンチ・コネクション」のアーネスト・タイディマンとディーン・レイスナーによる共同作業。 数々のイーストウッド出演作品を撮影したブルース・サーティースがこの作品でも撮影に参加している。 共演者はヴェルナ・ブルーム、マリアンナ・ヒル(「エル・コンドル」)、ミッチ・ライアン(「リーサル・ウェポン」「特捜追跡班チェイス」)、イーストウッドと多数共演しているジェフリー・ルイスなどがいる。 1973年公開時の興行収入は約800万ドルで この作品はラーゴという街に現れたある1人のならず者が絡んできた3人の男を倒した後、町の住人に頼まれて護衛をしていくという内容となっている。

荒野のストレンジャーの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

荒野のストレンジャーの感想

投稿する

荒野のストレンジャーに関連するタグ

荒野のストレンジャーを観た人はこんな映画も観ています

荒野のストレンジャーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ