荒野の用心棒のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

荒野の用心棒の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
5.005.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

荒野の用心棒の感想

投稿する

マカロニウエスタンの元祖・「荒野の用心棒」

マカロニウエスタンの元祖・「荒野の用心棒」「荒野の用心棒」は、イタリア映画であることは意外と知れれていなのでは・・?、そうなのです“マカロニウエスタン”と呼ばれた映画で、クリント・イーストウッドの出世作でもあり、この先何十本と出てくるマカロニウエスタン映画の先駆けとなる。 ただ、日本版での、かの黒沢明、三船敏郎コンビの「用心棒」のパクリ、リメーク板とも言われてます。主人公のイーストウッドは、「用心棒」での三船敏郎の笑顔のあるヒョウキンさに比べて、真面目一本の硬い表情が一寸気になったのですが。 最後の決闘シーンでは、重傷を負いながらもポンチョ姿に葉巻をくわえて立ち向かうが、胸の中には鉄板が忍ばせてあった。 その鉄板は、対決する敵将・ラモンのライフルは必ず心臓を狙い打つのを承知していたからで、事実、ラモンは打たれたも打たれる立ち上がって来るジョーの不気味さを感じる。 そして遂にジョーの拳銃...この感想を読む

4.54.5
  • orimasaorimasa
  • 97view
  • 591文字

荒野の用心棒に関連するタグ

荒野の用心棒が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ