嵐が丘のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

嵐が丘のあらすじ・作品解説

嵐が丘はエミリー・ブロンテの同名小説を映画化した作品である。 1939年にアメリカで公開が行われた作品で、監督はウィリアム・ワイラーである。 同作はアメリカで最も権威のある映画賞であるアカデミー賞において、7部門にノミネートされ、見事に撮影賞で受賞を果たした作品となっている。 メインキャストではキャシー・リントン役をマール・オベロンがヒースクリフ役をローレンス・オリヴィエ、エドガー・リントン役をデビット・ニーブンが演じている。 物語は孤児であったヒースクリフの壮絶な復讐劇が描かれた作品となっている。舞台はイギリスのヨークシャーの人里離れた田舎となっており、この地に越してきたロックウッドが近隣の屋敷に住むヒースクリフを訪ねるところから物語は始まる。その後、ロックウッドはヒースクリフとこの地にまつわる様々な過去を知ることとなる。 なお、この1939年版の評価を受け、のちにメキシコやフランス、さらには日本など舞台設定の国を変えて、映画化がされるなど後世にも、大きな影響を及ぼした作品である。

嵐が丘の評価

総合評価
3.003.00
(1件)
映像
2.502.50
脚本
3.003.00
キャスト
3.003.00
音楽
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

嵐が丘の感想

投稿する

嵐が丘に関連するタグ

嵐が丘を観た人はこんな映画も観ています

嵐が丘が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ